1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国を黙らせる方法

安倍の外堀がじわりじわりと埋められて来ているような気がする。韓国の朴大統領が訪米し、オバマ大統領との会見、米議会で、日本の歴史認識が日韓の協力を阻害しているとの認識を表明したことが大きく影響しているように思える。これに同調するかのように、日本のマスコミも安倍の歴史認識批判を始めだした。 靖国奉納、歴史認識発言、閣僚の靖国参拝で韓国は今まで同様に安倍政権に靖国カードを切ったが、今度の安倍はまったく意に介していない。安倍は第一次安倍内閣のときの反省を踏まえ、一回り成長している。そこで韓国は、アメリカを使って圧力をかけてきた。朴大統領が訪米し、オバマ大統領との会談にも日本との協調という言葉は出なかったし、アメリカ議会での演説では、日本の歴史認識が日韓の協力を阻害し、北朝鮮の非核化の動きに水を差していると批判した。こういう動きを受けて、日米関係に関する米議会調査局の報告書が、安倍晋三首相を「強固なナショナリスト」と指摘し、安倍の歴史観を批判した。またシーファー前駐日大使は、河野談話の見直しについてもアメリカの国益に反すると発言している。
これらは、韓国のロビー活動の成果で、韓国の執拗な国際世論操作がいかに国家レベルでおこなわれているかということの証左であろう。安倍総理は、アメリカを巻き込んだ歴史認識圧力には、よほどの戦略で対抗しないと妥協外交というニの轍を踏むことになるだろう。一方ではロシアがかなり日本に擦り寄ってきている。北方領土問題も進展させるというし、極東の天然ガスを共同開発する動きも現実味を帯びている。アメリカがあまりに韓国寄りの態度を表明するなら、日本は少しロシアとの関係を濃密にし、アメリカを牽制してもらいたい。それくらいの狡猾さを安倍には発揮してもらいたい。それが韓国を黙らせることにもなる。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。