1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ちゃん、日本無視、大いに結構です。後で泣きっ面見せないでね。

 韓国の朴大統領は米国を訪問し、オバマ大統領と会見した。北朝鮮の核・ミサイル問題に対処するために米国の協力の確約を取ることが目的だ。7日の共同記者会見でオバマ大統領は、対北朝鮮に中国、ロシア、日本が足並みをそろえることが必要だと訴えたが、朴大統領の口からは日本という言葉は出ず、米韓の連携が重要だと言うに留まった。安倍首相の真榊奉納及び内閣閣僚の靖国参拝、歴史認識発言に韓国が反発していることの現われと考えられる。
 北朝鮮の核・ミサイル問題は日本にとっても極めて憂慮すべき事態に違いはないが、韓国にとっては日本への影響どころの話ではないはずだ。停戦ラインの38度線からわずか30Kmに首都ソウルがある。神戸と大阪ほどの距離だ。短距離ミサイルを200発もぶっ放すとソウルという都市が破壊される。そこに北朝鮮軍の戦車や歩兵が1時間そこそこでソウルに侵攻すれば、首都は制圧される。韓国軍も反撃するだろうから北朝鮮軍はソウルまでも侵攻できないかもしれない。しかしそれは米軍の協力があってこその話だ。その米軍はどこから派遣されるのか、火器、機資材はどこから輸送されるのかを考えると、日本との連携なしに対北朝鮮防衛が出来るわけがない。朴も頭はよさそうだが、韓国人は、一つのことにヒステリックになれば正常な判断が出来なくなるという民族の特質がある。ヒステリックの原因がいつも日本なのだ。冷静になれといくら言ったところで、長年民族に培われてきた特質はちょっとやそこらで変わらない。そして、いつもやりすぎて墓穴を掘るのも韓国人だ。
  韓国にしてみれば、俺らは日本のために命をかけて韓国の国土を守っているのだ。日本が感謝するのはあたりまえだろと言いたいのかもしれない。それは一部認めよう。しかし、日本が協力しても、これから先何十年と、日本がこれを機に韓国を植民地にしようとしたとか、韓国の文化遺産を略奪したとか、日本が提供した弾薬で何万人の韓国人が死んだなどと言われるくらいなら、いっそ韓国は北朝鮮に占領されて、頭を冷やしたほうがいいよと言いたい気持ちになる。どうせ北朝鮮は長続きしないんだから。そのときには、悪いけど在日韓国人は祖国に戻ってもらうよ。日本大好きの知的在日の人にだけ日本に帰化を認めます。これでいいよね、在日韓国人のみなさん。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。