1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左翼のみなさん、96条改正に何故ビビる?

  5月3日の憲法記念日。憲法改正派、護憲派それぞれが集会をひらき、改憲、護憲を訴えていた。ことしは例年と様子が違うのは、安倍内閣が、憲法改正要項を定めた憲法96条の改正を、来る参院選の選挙公約にする方針を表明していることだ。憲法改正に必要な発議要件「衆参とも総議員の3分の2以上の賛成」を「過半数の賛成」に変えるものだ。これにより憲法改正を今よりも容易にするのが狙いだ。
  護憲派や左翼連中および彼らを支持するマスコミは、憲法の改正を容易にし、戦争をし易くすると批判しているが、肝心な点に触れていない。安倍内閣は、独裁的にそれをやろうとしているわけではなく、またそれが出来るはずもないのだが、選挙公約にすると言っているのだ。つまり96条の改正を選挙の争点にする、国民の判断を仰ぎたいと言っているのだ。これのどこが悪いのか、批判されるのか。判断するのは、あくまでも国民だ。その国民の過半数が賛成すれば、96条は改正される。当たり前のことだ。それが民主主義というのもではないか。96条の改正がそんなに心配ならば、発議要件を「3分の2以上の賛成に戻します」と言って、国民の過半数の支持を得ればいいだけのことではないか。そしたらお望みどおり現憲法に戻る。
  96条を改正したからと言って、すぐに憲法が改正されるとは思わないが、現憲法に多々問題があるのに、それを不磨の大典のように一言一句たりとも改正したらいけないという風潮には反対だ。憲法はそんなに頻繁に改正すべきではないという意見もあるが、これにも反対だ。憲法は時代とともに常に変わっていくのが自然な姿ではないか。人間の普遍的な価値とかいうが、これさえも将来どう変わっていくかわからない。だからその時々の、過半数の人々が賛同する価値が、その時代の価値観といっていいと思う。
  96条に反対する人は、何を怖がっているのだ。自分たちの考えが正しいと思うなら、それを選挙公約にして、国民の信を問え。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。