1. 無料アクセス解析

橋下の発言に異議あり

 橋下大阪市長は、政権与党は靖国参拝について外交上の配慮が必要との認識を示した。日本の今の安全保障の枠組みでは北朝鮮の問題を自分たちで解決できるだけのポジションに立っていないので、周辺国に対して協力を求めていかなければならないからが理由という。
 橋下のこの発言は、日本に対して言っているのか、それとも国の安全保障を他国に頼らなければならない国に対して、一般論として言っているのかわからないが、これが前者であれば、靖国が外交カードになるということを他国に言っているようなものだ。敬意と外交は別とも言っているが、そうであればそれを外交・政治に結びつけることのほうがおかしいということにならないか。また、仮に後者であれば、同じことを韓国にも言ったらどうか。
 韓国とは直接には軍事同盟関係にはないが、アメリカを中心にして日米韓の防衛協力関係が構築されている。日本が軍事的に直接韓国を支援することはないが、アメリカとの防衛協力関係が韓国にとっては強力な後方支援になっている。また、日本の経済制裁が、北朝鮮の動きをどれだけ封じているか、韓国もわかっているはずだ。そう考えると、韓国も日本の協力がなければ北朝鮮の脅威に対応できない。であれば橋下は、この言葉を韓国にも発してもらいたいところだ。
 橋下の言う「敬意」という神聖な信仰を、「政治」という汚い騙し合いの土俵に上げようとすること自体に文句を言ったらどうかと思う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)