1. 無料アクセス解析

NHK、また確信犯か

msn産経ニュースより引用する。2013.4.9 21:37

NHKが映像を無料配信しているインターネットのサイトに、日本海の表記として、日本政府の見解と異なる「東海」と併記された地図が使われていたことが9日、分かった。NHKは「意図的にそうした表記を使ったものではない」としている。 地図が使われていたのは、BSで放送された番組やNHKが保存している映像をネット上で視聴できる「NHK映像マップみちしる」。日本地図の上に表示された「▽」マークをクリックすると各地の動画が視聴できる仕組みで、NHKは「地域文化を学ぶ学校の授業などでも使用できる」としている。 NHKによると、地図はネット検索大手の「グーグル」から提供されたデータを元に作成。サイトは平成23年7月に開設されたが、「東海」の表記については「いつから掲載されていたか分からない」という。指摘を受け8日午後、「日本海」単独表記に修正した。


NHKは「意図的にそうした表記を使ったものではない」と言っているが、確信犯の匂いがする。NHKのやりそうなことだ。NHKの番組を制作しているのは、というより牛耳っているのはNHK労組であり、旧社会党の左派であった社会主義協会派の色が強い。社会主義協会派というのは日本共産党よりもマルクス・レーニン主義に忠実で北朝鮮の故金日成を信奉する。言論の自由を謳歌する民主主義国家の国営放送の労組が、全体主義独裁国家の独裁者を信奉するという矛盾に満ちているが、これがみなさまのNHKの実態だ。
  彼らはテレビ放送を使って、サブリミラル効果に期待し、無意識のうちに国民を洗脳しているのだ。
今回、「東海」の表記をした「NHK映像マップみちしる」は、小学校の授業にも使われているという。無垢の小学生のうちから、日本海を「東海」と洗脳することがNHKの目的の一つだったのだ。そういえば、韓国放送公社(KBS)の東京支局はNHK本社内にあり、NHKとKBSは密接な関係にある。今回の「東海」表記も、NHKとKBSが連携して仕組んだ可能性もある。KBSには北朝鮮の工作員が主要なポストに居り、韓国の国民世論を親北朝鮮に誘導していることは周知の事実だ。NHKにも北朝鮮の工作員がいて、日本の世論を、反米、反安保、反自衛隊、反自民、反原発、反安倍に誘導しているとワシは見ている。
  こんな国営放送に受信料を払いますか?
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)