1. 無料アクセス解析

沖縄のマスコミにピシャリ!! 小池女史、いいねー。

 自民党の小池女史、沖縄の極左マスコミをバッサリと斬った。「沖縄メディアの言っていることが本当に県民を代表していると思わない」と。小池は小気味いいねー。変な自民党の、役立たずのオッサンよりずっといい。いままでは、沖縄を敵に回すと、そのしっぺ返しが怖いので、だれも思ったことが言えなかった。沖縄を敵に回すといっても、実際は沖縄タイムスや琉球新報などの沖縄のマスコミと、彼らと一心同体の沖縄自治労、そして旧社会党を敵に回すということだが。こいつら自身が、自分らの声は沖縄県民の多数派ではないことはわかっている。だから、自分らに反対する意見があると即座に反応し、新聞の一面、テレビニュース、労働組合員を動員してのデモ、シュプレヒコールで喚きちらす。こうして自分らに反対する意見を威嚇し黙らせてきたのがこれまでの沖縄だった。保守的発言でもすると、マスコミに徹底的に叩かれるのだ。だから、県民はこういう煩わしさに嫌気がさし黙り込む。声が出ないことをいいことに、自分らの意見が沖縄県民の声であるかのように報道しているのが沖縄のマスコミの現実だ。上層部は民青、革マル派、中核派が牛耳っているのが沖縄のマスコミの実態である。
 このヒステリックなマスコミに、小池ちゃんは、「沖縄メディアの言っていることが本当に県民を代表していると思わない」とぴしゃりとおっしゃった。沖縄のマスコミちゃんは喧嘩を売られたと思っているだろうね。さあ、どんな反撃をするのかなー。見ものだ。小池ちゃんなら、マスコミの反撃もさらりとかわしてくれそうな気がする。
 ワシが沖縄で仕事をしていたときは、革新の太田昌秀知事を破って、自民党支持の仲井真知事が一期目の当選した年だった。この年度のあるパーティーでのこと、地元の有力な経済人が、「これでやっと県民の本当の声が反映される県政になった。沖縄は赤旗ばかりだと県外の人は思っていたかもしれないが、違うんだということを。赤旗ばかりの県庁も変わる。やっとわれわれの意見が通るようになる。」と言っていたのを思い出す。
 普天間の辺野古沖移設で地元漁協が同意した。苦渋の決断だったことは想像に難くないが、県民みな反対と思っていた本土の人は以外だったかもしれない。反対派の稲嶺名護市長の前の市長は、辺野古受け入れを認めていた沖縄のマスコミが報道する声が、沖縄県民の総意ではないことだけは確かだ。
 日本の左翼マスコミが、沖縄を最後の砦として、反米、反安保、反日の玉砕戦をしているような様相に見えるのはワシだけじゃろか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)