1. 無料アクセス解析

韓国人って悲しいね

 韓国の朴槿恵大統領は、朝鮮半島の日本統治に抵抗して1919年に起きた「三・一独立運動」から94年にあたる1日、ソウルで開かれた式典で演説し、日本について「われわれの同伴者として21世紀の東アジアの時代をともに導いていくためには、歴史を正しく直視して責任を負う姿勢を持たなければならない」と述べた。日本に正しい歴史認識を持てというのは、韓国人の常套句で、過去の韓国大統領もみな言ってきたことだ。
 歴史はそれぞれの立場で見方が違うし、評価も異なってくる。日本は日本の立場で朝鮮半島の歴史を見、評価しているが、韓国はそれを、韓国人が主張していることが正しい歴史であるから、これを認めよといっているのである。こういうことをいう国は世界中にどこにもないが、韓国人はそういうことを言う民族なのだ。しかし日本人、というかこれまでの日本政府がまたバカばっかりで、いつも歴史認識を言われるたびに土下座して頭を下げ、その場を収めてきた。安倍首相にはもうこういう外交は止めにしてもらいたいが、安倍内閣のなかにも、韓国に頭が上がらない輩がいるので、こういう連中にひっぱられて、またもや土下座をするはめにはならないように願いたい。
 韓国のいう歴史認識はいつも、1910年の日韓併合から1945年の大東亜戦争敗戦までの期間ことだ。そこでワシはいつも疑問に思う。日韓併合以前の朝鮮半島の歴史を韓国人はどのように見、評価しているのかと。是非とも韓国人の口から聞きたいものだ。日本が韓国を植民地にしたから、韓国の発展が遅れたとか、日本が植民地にしたから朝鮮の人々の人権が蹂躙され、暮らしが悪くなったとでも言うのかな。まさか、日本が植民地にしなかったら韓国は米ソ中につぐ先進国になっていたなんて言わないと思うが。「歴史学」という学問が存在しない韓国のことだから、何を言い出すか分からないところに韓国の意外性があり、韓国人の幼稚さがある。そしてそれを世界的視点で見られないところに韓国人の悲劇がある。
 韓国人には歴史だけでなく何事も、客観的に、冷静、冷徹に見るという姿勢が欠けている.
これは民族の持って生まれた遺伝子なのか、または文化伝統に育まれた資質なのだろうか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)