1. 無料アクセス解析

なんで今頃発表するの、中国艦船のレーザ照射事件

 小野寺五典防衛相は5日夜、防衛省で緊急記者会見を開き、東シナ海の公海上で1月30日、中国海軍の艦艇が海上自衛隊の護衛艦に対し、射撃管制用のレーダーを照射したと発表した。また、1月19日にも別の艦艇が海自のヘリコプターに同様の照射を行った可能性が高いことも明らかにした。
 射撃用レーザーを照射したということは、ミサイル発射をロックオンの状態にしたということだから、ボタン一つ押せばミサイル発射となる。ゲームセンターにある射撃ゲームと一緒だ。中国艦船と海自護衛艦の距離が3Kmだったというから、ミサイルが発射されれば海自護衛艦は回避できなかったのではないか。
 それにしても中国の挑発は度を越している。「馬鹿に刃物」という言葉があるが、これは中国のためにある言葉だ。文化革命のときは海軍などはなく、10億総民兵みたいなもんで、竹やりもって突撃していたものが、ちょっと金持ちになって高価な近代的武器を手にすると見せびらかしたくなり、そのうちに使いたくなったのだろう。「日本よ、こっちにもこんな武器があるぞ。なめんなよー。」と言いたかったのか。
 中国軍といっても、それは近代軍ではない。日中戦争時代の軍閥が、近代兵器を手にして集まった集団と言ってもいい。だから命令・指揮系統など統制がとれているわけではない。だからちょっと頭の軽い指揮官がいたらいつでも武力衝突が起こりうる。今回の中国艦船の艦長はまったくの中身カラッポではなかったようで、最後の引き金だけは引かなかった。しかし、「撃てるものなら撃ってみろ、中国のミサイルはまっすぐに飛ぶのか」なんてちゃかすと、頭に血が上り本当にミサイルをぶっ放すタイプかもしれない。この程度の指揮官が陸、海、空といたるところにいるというのが中国の、ある意味強さかもしれない。それは、一歩間違えば何をしでかすかわからないという恐怖心と、自制を我々に強要しているからだ。
また統制がとれていない中国軍が局地で武力行使をしても、統制がとれていないことをいいことに、それは地方の跳ね上がり者が起した事件で中国軍の意思ではないと言うに決まっている。これ、いつもの中国のやりかた。昔も今も変わらない。
 中国は今回のような挑発をますますやってくるだろう。故意に局地的な武力衝突を起そうとしている。日本は歴史に学んでいる。日中戦争のときのように挑発に乗る日本ではない。日本は逆に、アメリカや韓国を巻き込むような行動をして、中国の挑発を牽制することを考えなければならない。
 それにしても、1月19日と30日にあったことをなぜ2月5日になって発表するのか。この間、政府は何をしていたんだろう。こんな重要、緊急事案は直ちに発表して、即刻中国に抗議すべきだと思うが。これでは、有事の際に指揮・命令は大丈夫かと不安になるのはワシだけじゃろか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)