1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルジェリア人質事件でダンマリを決め込むな!

 アルジェリアの人質事件は最悪の結果になった。日本からはるか遠い異国の地で、しかも何にもない砂漠のど真ん中で、テロの恐怖と戦いながら、国家事業に貢献し、日本国の国際的信用にも大きな足跡を残してくれた企業戦士には衷心より哀悼の意を表します。
 この事件で政府は、在外邦人の安全の確保、現地での情報の把握に対する取り組みを強化させる方針だ。自衛隊を海外に派遣して邦人の輸送にあてることができるように自衛隊法の改正も視野に入れている。しかし、こういう手ぬるいことではなく、邦人救出のためにはテロリストと戦闘ができるように自衛隊法を改正することが最低限必要である。ところが、これまでの日本は、自衛隊を海外に派遣すると、即海外派兵になり、また戦争をはじめるという意見が出て、自衛隊の海外派遣は実質できなかった。PKOで派遣されても自衛隊員には正当防衛のとき以外には武器の使用を認めないとしている。だから自衛隊は非戦闘地域、安全な場所にしか派遣しないというのが日本政府の方針だ。こんな漫才みたいなことをしているのが日本なのだ。非戦闘地域、安全な場所であれば、自衛隊を派遣する必要はないし、自治労の組合員を派遣してボランティアさせればいいわけだ。こういう笑い話になることをさせてきたのは旧社会党、社民党、共産党、公明党、そして日本の朝日新聞をはじめとする左巻きのマスコミなのだ。それにこういうバカな主張に反論もできず、マスコミに叩かれないことだけを考えてきた時の政府与党、自民党の売国議員たちだ。
 彼らは、外国で働く日本人が今回の事件のようにテロリストの人質になった場合、どのようにして救出せよというのだろうかマスコミの心ある記者は、是非とも彼らに取材して、彼らの意見を報道してもらいたい。特に福島瑞穂さん、田嶋陽子さん、朝日新聞の意見をききたいものだ。彼らもダンマリを決め込まないで、これまでの主張を堂々と表明してもらいたい。この期に及んでも「時間がかかってもいいから、話合いで解決してほしい」とでも言うのかな。こっちが時間をかけてやろうにも、テロリストは時間をかけたくないんだよね。どうしようもないバカだと笑っちゃうけど。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。