1. 無料アクセス解析

外国での人質事件、自衛隊の特殊部隊の派遣は当然だろ

 アルジェリアの人質事件、最悪の結果になり犠牲者およびその家族、関係者に哀悼の意を表します。
 テレビではこの事件で、外国で働く日本人の安全の確保、政府の情報収集が機能しなかったことへの反省と対策が議論されている。ワシもいくつかの報道番組をみたが、中東問題専門家やら危機管理の専門家と称される人物が、邦人の安全の確保について、これまでのようにまったく民間に任せきりでは国民の生命を守るという国家の責任を放棄していることになる、何らかの対策を講じなければならないと言っている。そしてどの識者も発言の最後に、「だからといって即、自衛隊を派遣しろとは言いませんが・・・・」と付け加える。司会者から自衛隊の派遣についてコメントを求められていないにも拘らず、自ら進んでこの発言をする。自衛隊を派遣しろと言うと、「これを機会に自衛隊を派遣すると、それが海外派兵につながる」とか、「この事件を利用して自衛隊の増強、戦う軍隊にしようとしている」とか言った批判を浴びることを恐れているのだろう。だからそれを打ち消すために、自ら進んで、「だからといって即、自衛隊を派遣しろとは言いませんが・・・・」と予防線を張る。
 こういうテロ人質事件の場合、自国民の救出のためには、事件発生国の了解があれば軍や軍の特殊部隊を派遣できる。イギリスもアメリカも特殊舞台の派遣を検討したが、派遣を待たずアルジェリア政府が武力鎮圧した。今回の事件では、話せば判るとか、こちらが武器をもっていなければ攻撃されないとか、相手国にいいことをしているのだから恨まれないとか言った、日本の左巻きの幼児平和主義がいかに空虚なものであったかを晒け出した。それを主張した連中は今、ダンマリを決め込んでいるが。
 武力を持ったテロリストに対するには、武力を背景にした組織をもって対応させるしかない。だから外国は特殊部隊の派遣を考える。それが世界の常識だ。日本政府はこれから、このような事件に備え、在外邦人の安全の確保、救出の対策を検討するというが、外国が特殊部隊を派遣するところを、日本では警察や民間警備会社に任せるってことはないだろうけども、政府としても本気で自衛隊の派遣を考えなければならないと思う。識者も「だからといって即、自衛隊を派遣しろとは言いませんが・・・・」と言って逃げないで、「自衛隊や特殊部隊の派遣も選択肢の一つとして真剣に考えてもらいたい」くらいのことを言え!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

No title

 こんにちは。

 今回のアルジェリアの人質事件は、安否不明の10人が全員死亡と言う痛まし過ぎるものとなりましたが、これには日本の危機管理能力と言うものを改めて問いたくなりますね!!

 ここで出てきた自衛隊の海外派遣問題、邦人保護の為には必要だと言う声もあるが、正直言って何で自衛隊を派遣することがダメなのか? と左翼系識者や政治家はこう御託を並べるが、イラクやゴラン高原に派遣したのはどうなのよ!?
 相手は武器を持ったテロリストです!! 国家転覆を企む過激派です!! そのような連中に対し「話せば分かる」「ペンは剣よりも強し」など100パーセント通用しないのは当たり前だろうが!! いくら日本がアラブから恨みを買うようなことをしてないからって、そんな低い考えで平和を唱えるのは無力を通り越しているとしか言えない。

 平和を手に入れる為に時には命がけで守らねばならないこともある。という言葉がある、これはかのアントニオ猪木が国会議員時代にイラクで人質となった日本人を救うために単身乗り込んだ際に発した言葉だが、平和とは何もしないできれい事だけで手に入れるものではないのだ!! と言うことです。

 在留邦人の保護には自衛隊の派遣も必要、これは少なくとも日本政府には考えて欲しいです!! 国民の命を守ることが国家の責任であり常識である、このことを政府はしっかり肝に銘じてほしいものだ。

Re: Re: No title

> > コメントありがとうございます。
>
> 日本政府には、日本国民の生命と財産を守る義務があります。しかし戦後の日本政府は、平和憲法および戦争放棄を言い訳にして、国家の義務を放棄してきました。北方領土の領海でソ連の警備艇に銃撃され死亡した人、竹島の近海の領海内で韓国の警備艇に拿捕され、銃撃されて死亡した人が少なからずいます。政府は日本固有の領土であると言いながら、その領海内で操業する漁船員の生命と財産を保護してこなかったのです。今回のアルジェリア人質事件も、日本政府はあたふたとするだけで、何の対応もできませんでした。結果的には対応するまえにアルジェリア政府が武力鎮圧して、事件を終結させましたが、その代償は極めて大きなものでした。はっきり言えることは、治安が悪い外国で日本人が事件に巻き込まれても、日本政府は邦人の保護をしないということです。だから日本人は政府を当てにすることなく、自分の身は自分で守らなければなりません。それも手ぶらで守らなければならないのです。そうしろと政府が言ってきたし、国民がそうさせているのです。外国で働く国民がよく黙っているなと感心します。私なら、国民に勤労、納税、教育を受けさせる義務を課しながら、政府は国民を守るという最大で最低限の義務を放棄していると法に訴えます。こうまでして国民にこの問題を喚起し、政府に義務の履行を求めますけどね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)