1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹島領有権あいまいにしたい? 自民党。

 韓国の李明博大統領が竹島に不法上陸し、さすがに温厚な日本国民も本気で怒り、それにつられて民主党左翼政権も国際司法裁判所(ICJ)に提訴する騒ぎになった。国連の場でも野田首相は、韓国の主張の違法性を主張し、竹島が日本の固有の領土であることを主張した。日本が単独でもICJに提訴する意思を示したところまではよかったが、最近の政府の動きをみると、この問題をまたもうやむやにしようとしているように見える。韓国の姿勢を見極めているところだというが、韓国は国会議員の上陸を企てたり、竹島の岩礁の峰に韓国名をつけたりと、日本のICJ単独提訴などお構いなしにどんどん実行支配の度を強めている。日本政府は一体なにを躊躇しているのだ。ICJへの提訴がこのままうやむやになり、棚上げされれば、国際世論に大見得を切った日本は、韓国の主張を崩すことができず提訴を見送ったと判断されるだろう。そして韓国はこれを自国有利に解釈し、更に国際世論を誘導することだろう。
 日本外交がいつも敗北する原因は、相手が望んでもいない、お願いもされていない「配慮」というものに束縛されるからだ。世界では、沈黙は相手の主張に同意したと判断する。妥協するということはこちら側の不利を認めることになる。竹島の領土問題、歴史的にも、国際的にも日本固有の領土であると言うならば、即刻ICJに単独でも提訴し国際社会にアピールしなければならない。
 一方、政府はもとより、自民党もこの問題をどう考えているなかさっぱりわからない。自民党政権時代から、竹島は日本国有の領土であるといってきたが、実質は何一つ領土も守る対策をしてこなかった。言うだけ番長だったのだ。それが今の韓国の実行支配を許している。その自民党は来る総選挙では政権に返り咲くことは間違いない。安倍総裁も、これまでの反省も含めて、新しい自民党、再生自民党をアピールしているが、こと竹島問題には触れたくないという姿勢が垣間見られる。
 自民党はICJへの単独提訴を支持するのか、しないのか。はっきりしろ!!
支持しないのであれば、どのようにして日本固有の領土竹島を奪還するつもりなのか表明しろ!!
 ワシはこの問題の対処の仕方で、自民党の再生の本気度を見るつもりだ。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

黙らず声高に主張せよ!!

 こんにちは。

 自国の領土を訴えるのならば、声高に主張すればいいものをただ相手の顔色をうかがってばかりでは曖昧なままで終わりが見えないし、主張できない国と言うレッテルを貼られると言うかイメージをさらに助長させ、国益を損ねるだけで何もならないことを自民党は理解すべきです!!
 ましてこれが韓国をさらにつけ上がらせる結果しかないことも理解してほしい。

 与野党関係なく、韓国に配慮することなどないのだ!! 竹島を日本の領土だと言うならば声高に主張し国際世論の賛同を得ることが国益につながるのだ!! と言いたい。

Re: 黙らず声高に主張せよ!!

> コメントありがとうございます。

竹島で、国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴を表明しておきながら、最近そのトーンが下がっている。
そして、自民党もそれを追求しようという姿勢が見られない。
この国の政治家は、竹島を断固として守り抜こうという気概がまったく見られない。尖閣では今、中国と対峙しているが、どこまで本気なのか疑わしくなる。魂胆は、なーなーのうちに尖閣領有問題を棚上げして、当面の対立を解消するつもりと解せられる。
民主党もさることながら、公明党、共産党、社民党は言わずもがな、自民党にしても、領土を断固として死守するという気概がないことは肝に銘じておかなければなりません。
こういう政治家を選んで、日本国は将来までも存続できるんでしょうかネ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。