1. 無料アクセス解析

最近頭にきたことベスト5

最近のニュースで頭にきたことベスト5。

5.11日に吉良州司外務副大臣が、国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴を見送る可能性があることを示唆したが、12日には玄葉外相が、「韓国側の対応を注視しているところがある」と述べ、単独提訴を見送る可能性を否定しなかった。この問題が最近マスコミにも出ない。またマスコミとグルになって情報操作か。自民党もこの件でなにも追求しない。自民党は一体何やってんだ! 結局韓国大統領の上陸を認め、竹島が韓国の領土であることを黙認するつもりか。次期総選挙では自民党には絶対に投票しない。
4.尖閣国有化に端を発した中国の反日暴動。あの破壊、略奪、放火された日系企業の損害はだれが払うのか。この件では中国は、すべての責任は日本にあるといって謝罪すらしていない。政府は、この損害を当然中国に求めるべきだろう。しかし、それを要求した形跡はない。民間は自分たちで解決しろいう考えか! 自国民の生命、財産を守ることは国家の義務だ! 国家の義務を果たさない政府には、国民の義務も果たす必要なし! また、経団連も中国政府に損害賠償を要求するべきだ。なにやってんだ、あのたぬきオヤジは!
3.10月11日、上海で日本人が中国人に暴行を受けた。「日本人か」と聞かれ、そうだと答えると暴行をうけたという。この事件をマスコミはなぜもっと大きく報じない。そして政府は中国政府に厳重抗議すべきだ。日本政府って、本当に日本人の命を守ってくれるのか。これじゃ外国旅行にも行けやしない。産経新聞は一面で大々的に報じて、国民に知らせるべきだった。
2.橋下大阪市長と週間朝日のバトル。週間朝日には被差別部落が名指しで記載されており、橋本もそのDNAを引き継いでいるという。これが自民党や保守の人間だったら今大変なことになっている。部落解放同盟は大挙して押しかけ、怒号、罵詈雑言の糾弾大会。家にまで、昼夜を問わず押しかけてくる。しかし、被差別部落の地区名まで全国版週刊誌に書かれても解放同盟は何の抗議もしない。これまでの部落問題、人権問題は、左翼陣営と組んだ、保守陣営を攻撃するの口実だったのか。
1.同じく橋下大阪市長と週間朝日のバトル。週間朝日の完敗に終わったが、編集長は誌上で謝罪文を掲載しただけで、公式の場には出てこない。これが大企業だったら、社長以下経営陣を公式記者会見の場に引っ張りだし、謝罪させ、土下座までさせるくせに、いざ自分のことになると誌上に謝罪文書いて終わり。そして、どこのマスコミをそれを追求しない。テレビで偉そうにコメントしている新聞社のコメンテーターよ、これからはどのツラ下げて政府、大企業、保守陣営を批判するのか注目だ。

やっぱり、マスコミは日本のガンだね。政界再編も必要だが、マスコミ再編のほうがもっと大事だぜ。
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

マスコミ再編

 おはようございます。

 マスコミ再編ですか、確かに日本のマスコミはどこか問題点が大ありなところがあるんですよね。国民がホントに「知る権利」と言うか「真相」と言うのを知りたいのに、それすらしようとしないのは、公正な報道とは言い難い。
 やっぱり記者クラブなんて組織があるから、公正で正当な報道が流れないと言いましょうか。結果としてこれが国民から真相を知る権利を奪っており、百害あって一利なしもいいところだ。いわゆる「臭いものには蓋」をして有耶無耶にする姿勢などまともだとはどうしても思えない。

 マスコミ再編が大事、おそらく働きアリンコさんは日教組同様記者クラブも日本におけるガンだと認識しているんでしょうか。

 私は思うに「臭いものには蓋をする」から、社会がダメになっていく一方なんだと思うね!! マスコミにせよ何にせよ。

Re: マスコミ再編

> コメントありがとうございます。

言論機関は社会の公器といいいますが、それは言論機関が、不偏不党の立場にたち、権力の横暴を許さい、多数に埋もれがちな少数の意見にも耳を傾けるという確固たる意思と行動があってのことです。しかし、日本のマスコミは悲しいかな社会の公器と呼ぶには程遠い存在です。政治的中立を謳うNHKすら現場は旧社会党、現民主党系の労組が番組編成の実権を握り、中国、韓国北朝鮮派礼賛報道に勤しんでいます。全国紙においても、その多くの記者、デスクは左翼学生運動の活動家で占められ、朝日新聞は中核派が占拠しているようなものです。このように日本のマスコミは報道機関というよりも政治結社の色合いのほうが強いのです。ですから自分たちの主義主張に合わないものは徹底的に叩き抹殺し、自分たちの主義主張を平和の色紙に包んでプロパガンダしています。彼らの上層部は日教組とも繋がっており、マスコミと教育で日本を左翼、極左国家に変えようとしているのです。だから日頃の報道も、このような観点で見ると、ニュースを見る目が変わってきます。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)