1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎県知事以下200名、反日暴動も忘れ友好祝賀会に訪中の予定だったとさ。

長崎県は中国・福建省との友好30周年を記念して、中村法道知事や県議、田上富久長崎市長ら約200人が11月12日から16日に福建省を訪れ、祝賀会などに出席する予定だったが、尖閣諸島をめぐる関係悪化を受け福建省側から「盛大な歓迎ができず失礼になる」と延期を求められた。
これって、逆だろうが! あの尖閣問題での中国の反日暴動を忘れたのか。日本企業、商店への略奪、破壊、放火。日系デパートの破壊、略奪行為はニュースでもたびたび報道された。このデパートの社長は、「もう、これは暴動ではない。テロだ。」と言っていた。日本は暴動を受け、略奪、破壊、放火されたほうだ。そして破壊の限りを尽くした中国はこの暴動の責任は日本にあるといって謝罪すらしていない。いくら友好30周年記念といっても、このような状況で祝賀会などできるわけがないではないか。日本から断りというか、祝賀会の中止を申し入れるのが筋ではないか。
 福建省側から延期要請がなければ、長崎のバカ大人200人が、「シェーシェー、シェーシェー」とペコペコ頭を下げて、愛想笑いを振舞ったことだろうよ。想像しただけでも胸糞が悪くなる。
 しかし、どうしてこうも中国の機嫌取りばかりする大人が多くなったんだろうね。中国人の金がそんなに魅力なのかね。長崎の大人は県知事、県議、長崎市長まで、金のためには日本人のプライドも捨てるんだろうね。あー情けない!
 長崎人、文句があるなら言って来い!
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【長崎県知事以下200名】

長崎県は中国・福建省との友好30周年を記念して、中村法道知事や県議、田上富久長崎市長ら約200人が
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。