1. 無料アクセス解析

安倍は支持するが・・・・・・・。

 安倍晋三が自民党の総裁に選出された。近いうちにあるであろう衆院総選挙で自民党が政権を奪還する可能性が高いから、そうなると安倍は内閣総理大臣になる。安倍晋三応援隊隊長を自称するワシにとっては嬉しいし、期待もしている。日本再生のために堂々と世界とわたりあってほしい。
 ワシは安倍の国家観に共鳴するし、政治家として自分の国家観を表明するその姿勢に正直さを感じる。来るべき政権に備えて、国家観で一致結束する内閣を作ってもらいたいと思う。
 安倍は自民党の幹事長に石破を起用した。石破が総裁選で獲得した過半数の地方票の民意は無視できないので、妥当な起用と思う。石破が次期総選挙の責任者として、政権奪取を実現すれば、石破の存在はさらに大きなものになる。当然、内閣の主要ポストにつく。そこで、ワシがひとつ心配していることは、安倍と石破は国家観を共有しているかということだ。ワシには石破の思想、国家観がいまひとつわからない。女系天皇に賛成か反対か、靖国神社のA級戦犯合祀及び首相参拝に賛成か反対か、人権擁護法案、外国人参政権、中国、韓国を刺激するな外交、などなど、一見保守的なスタンスをとったりしているが、決して本心は見せない。ワシは、この男は豹変するのではないかと疑っている。それを、本人は例の落ち着いた説得口調で、「国際情勢が激変し、これまでの価値観が通用しなくなって来た時に、過去の価値観に固執して、結果として国益を失うことがあってはならない。政治家は、常に国益を第一に考え、そのためにはその時の最善の政治判断が求められる。」などと言って、思想、信条を豹変させるような気がしている。
 安倍には、身内から足を引っ張られないようにだけはしてもらいたい。そのためには国家観を共有できる人間で一致結束してもらいたいと思っている。いくら政策通でも国家観を共有出来ない人間をブレーンに起用しないことだ。若手でも、リーダーの素質をもち、国家観を共有する人間がいれば積極的に起用したらいい。その若手をベテランの経験と知識でサポートする、そういう自民党になってもらいたい。
スポンサーサイト

テーマ : 自民党 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)