1. 無料アクセス解析

祝! 安倍晋三自民党総裁就任

 安倍晋三が自民党総裁に選出された。当初の石破、石原優勢の状況を挽回し、国会議員による決選投票で石破を破り総裁に選出された。安倍晋三応援隊隊長を名乗るワシにとって喜びに耐えない。今、党総裁になったということは、近いうちにあるであろう衆院総選挙で、自民党が政権に返り咲く公算が大きいので、首相になることを意味している。
 今の日本を取り巻く国内政治および景気の状況、中国、韓国、ロシアによる主権の侵害をはじめとする国際政治、外交問題に、リーダーシップを発揮できる人材は安倍しかいないと思っていた。ただ、いくら安倍がリーダーシップを発揮する能力があるといっても、彼を支える強固な組織がなければならない。しかし同じ党にいても、政治家各人の国家観は多様だ。これまでの自民党は、党の綱領があるにも拘らず、唯一の保守政党といいながらも、実際には憲法改正に反対の人間もいれば、皇統の維持に否定的な輩もおるし、靖国神社そのものの存在を否定するものもいる。自民党を出て、民主党議員になったやつらを見ればわかることだ。外国人参政権、夫婦別姓、人権擁護法案などの同調する人間もおる。民主党が党内バラバラなどと揶揄されているが自民党も五十歩百歩だ。自民党政権の末期には、今の民主党政権以上にド素人大臣が就任していたし、もともとは派閥の力関係、派閥の均衡人事で大臣ポストを決めていた。だから肝心な時に閣内不一致だとか、閣内からの首相批判、首相おろしが大ぴらに行われたりしていた。
 安倍は近いうちに首相になるであろうから、今度は内閣を強固なものにし、与党を一致団結させなければならない。それにはまず、安倍と国家観を一にする人間で内閣を構成しなければならない。国家観で一致結束する内閣を作ってもらいたい。そのためには、自民党総裁の間に、安倍のブレーンになる人間をよく見極め、そして自分の国家間を党内に周知し、これに集う議員集団を作らなければならない。
 安倍を叩くのが社是と言って憚らない朝日新聞を、今度こそは打ちのめしてほしいね。
スポンサーサイト

テーマ : ちょっと聞いて - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自民党新総裁に安倍晋三氏

あべちゃんかぁ [ふっ/]例の「僕ちゃん辞める」の一件からどうにも信頼できん有権者も多いと思うんだけど自民党内のジジイどもは石破よりコントロールしやすいと踏んだか [?/]でも体