1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党総裁選、何を守る?

 自民党の総裁選に向けて、候補者間の調整がさかんだ。同じ派閥から出ている谷垣と石原、林、町村と安倍、派閥を割らないために1本化するのがねらいだ。そのために派閥の領袖である長老老害議員が元気よく調整に乗り出している。この総裁選は近いうちにあるであろう衆院総選挙で自民党が政権に返り咲いた時の首相になることを意味している。だから各候補者も必死だ。国民も注目したいところだが、古賀や森、青木が動いていることで興味が失せた。
 この総裁選は首相候補を選ぶ選挙でもあるわけだから、自民党にとっても大事だろうが、国家、国民にとって極めて大事な総裁選だ。素人政治集団の民主党が僅かな期間のうちに日本の国力を落とし、日本の国際的信用も落とし、国内景気浮揚の対策も打てず、挙げ句の果てにはロシア、韓国、中国に領土を侵犯されている。こういう民主党を早く政権から追い出さないと日本は消滅するかもしれない。それだけ重要な衆院総選挙、そして首班指名に直結する総裁選なのだ。国民はこういう事態を打開できる強力なリーダーを求めている。それが何派であろうが構わない。日本国を第一義に考える政治家の出現を期待している。
 しかし、いまの総裁選の動きは、日本国のことはまったく眼中になく、あるのは派閥ばかり。同じ派閥から立候補者が複数立たないように調整している。総裁選のしこりで派閥が分裂することを回避したいのだ。これをしきっているのが長老老害議員だ。彼らは日本国家のことよりも、自分の派閥にほうが大事らしい。派閥が割れないように、それしか考えていない。そのためには、日本国家にとって必要な政治家よりも、派閥が現在のまま存続できる候補者を擁立したいのだ。昔の自民党そのものではないか。また、こういう長老に何の反抗もできない候補者も実に頼りない。こういう人間に将来の日本を託せるのかと不安になる。
 同じ派閥から2人、3人立候補してもいいではないか。推薦人を20人集めれば立候補できるのだから、立候補すればいいではないか。国民の立場からすれば、いろんな人間が立候補して、各人の国家観を聞きたいと思っている。総裁選で喧々諤々の議論が聞きたいのだ。その議論の中に再生自民党の評価に足るものがあるかどうかを見極めたいと思っている。派閥が割れないように考える人間は立候補してほしくない。派閥が割れようと、自民党が割れようと、日本国国家のために命を懸ける人間に総裁になってもらいたいのだ。そのためには長老議員と決裂するくらいの意気を示して欲しい。ねっ安倍ちゃん。
スポンサーサイト

テーマ : 自民党 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。