1. 無料アクセス解析

北方領土、歯舞、色丹2島返還で妥協か 森元首相

 18日のテレビ東京、「田勢康弘の週間ニュース新書」に森元首相が出演していた。森は政府特使としてプーチン大統領と北方領土問題を話合うという。2001年、森が首相当時、訪ロしてイルクーツクでプーチン大統領と北方領土の解決策を話合い、その内容は「イルクーツク声明」で明らかにされた。それ以降、森とプーチンはお互いをファーストネームで呼び合うほど親密な関係を築いてきた。北方領土問題に一定の理解を示すプーチンの在任中に、この問題を進展させる必要があると考える政府が、森を政府特使の任にあてたものだ。
 日本の立場は四島一括変換だが、政府内にも地元にも状況の変化が見えてきたという。それは四島一括変換に拘り、解決を無期限、長期なものにするより、お互いが合意できるものから返還を実現させたほうがいいという現実論だ。番組のなかで、森もそれを匂わせていた。つまり歯舞、色丹両島を先行して返還させ、国後、択捉両島は継続交渉にするということだ。もうここで日本の姿勢、つまり手の内が見えてきたわけだ。プーチンは少なくとも歯舞、色丹の返還はやむなしと思っているかもしれないが、日本の手の内が見えた以上、絶対にタダでは返還しない。2島の返還の交換条件として大規模な経済協力を約束させる。つまり日本は、日ソ中立条約を一方的に破って不法に占領された島を、タダどころではなく、目の飛び出るような高い金を支払って買い戻す格好になるのだ。これを返還といって喜べるのか。しかも北方四島の10分の1にも満たない2島を先行返還させ、国後、択捉の2島は継続協議にするというが、実質歯舞、色丹の2島の返還で北方領土問題は解決にされる可能性も高い。そういう密約を結ぶ可能性も否定できない。確かに四島一括返還に拘れば返還はいつになるかわからない。ロシアが同意しなければ永遠に四島は戻ってこない可能性もある。だから可能性のある2島返還を成し遂げ、残り2島の返還を継続協議にするという現実案もわからんでもないが、ここでも日本外交特有の最初に妥協ありきだ。同じ2島返還でも国後と歯舞であればまだ理解はできる。最初から歯舞、色丹の2島に絞り込まなくてもいいではないか。2島に国後を入れることをロシアが拒否するのなら、歯舞、色丹返還後、国後、択捉の継続協議でもロシアが国後を手放すとは到底思えない。そもそも論をいえば、北方四島はソ連が日ソ不可侵条約を一方的に破って、日本が降伏後に参戦し略奪したものだ。四島無傷で返還されるのが筋だが、そこをあえて2島の先行返還で妥協しようという。だったらせめてその2島に国後は入れるべきだ。日本外交はせめてこれくらいの返還努力はせよ! 国後、歯舞2島の返還で突っ走るのなら不本意ながらも支持する。最初から歯舞、色丹なんて小さなこと言わずに、国後を含めた2島の返還をぶち上げろ! プーチンが森と領土の話をするということは、森組みやすしという判断だ。要は舐められていることを森は気づくべきだ。
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

大賛成!

この北方領土の問題、管理人さんの見解に大賛成です。
自分Gも領土問題、興味があるんですね!本論考拝読させてもらいました。納得でした。

特に >同じ2島返還でも国後と歯舞であれば・・・以下~、納得いたしました。

管理人さんの、歯舞+国後の先行返還(残り;継続協議)は、新鮮です。何といってもソ連の千島列島占領行為は、降伏後の戦闘行為ですからね。これは卑怯です。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)