1. 無料アクセス解析

滋賀県民に告ぐ! 現皇子山中学校の教師には死ぬまで「見てみぬふり教師」のレッテルを貼れ!

 大津市立皇子山中学校いじめ自殺事件では、担任も校長も、学校も、教育委員会も死人に口無しで、いじめ自殺事件の隠蔽を図ろうとした。日教組が組織をあげて隠蔽しようとしたのだ。しかし、世間にはまだ良識があった。こんな教育者をのさばらすほど世間は甘くなかった。教育者と言ったが、じつは教育者になる資質も能力もない人間が教育者になっているところに諸悪の根源がある。彼らには生徒の人権や命を守る気概はさらさらない。守るのは自分の生活と組合だ。そのためには生徒一人の命を見殺しにする連中だ。
 今回のいじめ事件、問題の加害生徒が自殺した生徒をいじめていることは学校では周知の事実だった。当然ながら担任、校長をはじめ全教職員も周知の事実だったのだ。しかし、彼らは見て見ぬふり、知らん振りすることに決め込んだ。加害者生徒の素性や生活背景をみるとダンマリを決め込んだほうが良しという判断だ。そして校長以下担任、若手教師にいたるまで全教職員が一同で見て見ぬふり、知らん振りを決め込んだのだ。そういう意味では教職員みな同罪だ。悲しいのは、こういう中にあっても、これはいじめだ、生徒を守らなければならないと身を挺して問題の解決にあたろうとした教師がいなかったことだ。そして、問題発覚後も、うその上塗りで弁明している教育委員会や校長に反旗を翻し、亡くなった生徒の人権を守るため、事実を証言する教師が出てこないのが悲しい。
 現在の皇子山中学校の教師たちは、来年度は県内の中学校に転勤するだろう。そしてこれで一区切りついたと安心するだろうが、決してそうさせてはならない。先にも書いたが、彼らは教師の職責を果たさずに、見て見ぬふり、知らん振りして、一人の生徒の命を落としたのだ。この件を彼らには、十字架のように一生背負って生きてもらわなければならない。そのためには、それに加担した教師の名前をずっと覚えておくことだ。その人間が担任に当てられたときは、生徒の保護者として担任を替えさせるか、担任拒否運動をすることだ。それは当然の権利とも言える。「生徒の人権、命も守れない人間に担任になって欲しくない」、「いざとなったら生徒を捨てて、自分だけ助かろうとする人間に教師の資格はない」と言えばいい。2、3年もすればこの事件は忘れ去られ、当時の担任や他の教師は、あの事件がなかったかのように振舞っているだろう。それで人並み以上の生活をされては困る。滋賀県民は当時の担任はじめ他の教員の名前を忘れたらいけない。彼らの名前を見るたびに、「皇子山中学校いじめ自殺事件で見て見ぬふりをした教師」というレッテルをいつも貼って彼らを見なければならない。
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

いじめを放置した担任は人間じゃない!!

 おはようございます。

 目の前で教え子がいじめを受けているのに、それを担任教諭が見て見ぬふりしたことが問題となってますが、ホンット教育者として失格もいいところですね!! 見て見ぬふりもいじめに加担していること自体知らないんだろう!!

 教育者として以前に人間じゃない!! って言いたくもなります。
 自分の保身にバツがつくようなものを平然を隠し、しらを切ってのらりくらりかわして自己弁護に終始するのは、正直な話隠蔽体質もいいところだし、やってることは押尾学と同類だ。

 仰る通り、いじめを見て見ぬふりした教師と言うレッテルを張っていいくらいだし、こんな人間は社会的に抹殺していいくらいだよ。例えば殺人を犯した人間は刑期を終えて出所して更生しても、犯した罪は消えないし殺人を犯したという十字架を背負わなければならないことがそうであるように、なお更だと思うね。

Re: いじめを放置した担任は人間じゃない!!

>  コメントありがとうございます。

皇子山中学校の関係者の方、今の皇子山中学校の全教員の名前を表に出してください。担任の森〇進はもちろんのこと、学年主任、指導主任ほか全教員の名前をインターネットにアップしてもらいたいですね。彼らは見て見ねふり、知らん振りして、結果いじめを増長させ、生徒を死に追いやったのです。生徒を守るという教師の職責を果たしていないのです。かれらは教師として失格者なのですから、本来ならばクビにしてもいいくらいで、さもなくば、全員辞職してもらいたい。それでもあつかましく教師として残りたいという人間がいたら、そいつらには「皇子山中学校いじめ自殺事件で見て見ぬふりをして、いじめに加担した教師」というレッテルを死ぬまで貼りましょう。そして滋賀県民は、かれら教師が転勤先で担任になった場合は担任拒否運動をおこしましょう。そういう人間に担任になってほしくないし、担任は務まらないと言いましょう。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)