1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹羽を即罷免しろ!

丹羽宇一郎駐中国大使は英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで、尖閣諸島の購入計画について「実行されれば日中関係に重大な危機をもたらすことになる」と述べた。
やっぱりというか、とうとう馬脚を現したなというのが感想だ。この発言が自身の思想から出たものか、中国の脅迫から出たものかはわからないが、いずれにおいても日本国を代表する大使としては不適格な人材であることがはっきりした。
実は丹羽が中国大使に就任するときからこの懸念はあった。しかし外交というものが何たるかを全く理解していないイラ菅サヨクが、主要国の大使に民間人を任命してしまった。丹羽が会長を努めていた伊藤忠商事が中国に強いということで、丹羽の人脈に期待してのことだ。国家の外交に、民間レベルの人脈に期待しなければならないほどに民主党には中国人脈がなかったわけだ。こういうレベルの外交で、「日本海を博愛の海にしよう」などと言っていたのだ、鳩ポッポちゃんにしろイラ菅サヨクにしろ、民主党政治は小学校の学級会みたいだな。
中国は、東京都が尖閣を購入することを是が非でも阻止したいところだ。そこで脅したり、宥めたりして丹羽大使に先の発言をさせたのだろうが、丹羽は日本国を代表する中国大使だ。日本国の立場、日中間に領土問題は存在しないことを明言し、こういう要求をきっぱりと断るべきだった。丹羽が日本国を代表しているとの自覚があれば、中国の不当な要求に、「これは日本国の国内問題である」と毅然と対処するべきだ。しかし、丹羽は「実行されれば日中関係に重大な危機をもたらすことになる」と述べた。つまり、日中間に領土問題が存在するという前提だ。もはや丹羽の務めはこれまでだ。
 野田は玄葉に命じ早速、丹羽を罷免しなければならない。ここでずるずると罷免に時間をかけると、今度は日本国内の経済界からも、いまここで日中間に不調和を作るべきではないという声が出てくる。そうして石原包囲網が着々と作られていくことになる。こういう連鎖を一刻も早く断ち切るためには丹羽を即罷免する以外にない。
 さて、玄葉は首を切れるかな、そして野田はどう動くかな。
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【丹羽を即罷免しろ!】

丹羽宇一郎駐中国大使は英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで、尖閣諸島の購入計画について「実行されれば日中関係に重大な危機をもたらすことになる」と述べた。 やっぱりというか、とうとう馬脚を現したなというのが感想だ。この発言が自身の思想から出たもの?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。