1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がれき受け入れを反対する人間の、家庭ゴミは収集するな!

 報道によると、宮城県石巻市のがれき搬入を北九州市の反対派市民らが一時阻止した問題で、宮城県に22日、「汚染がれきの拡散には反対」などの抗議の電話が殺到、50件を超えたという。
 原発反対派発の左翼市民グループが組織的に宮城県に抗議の電話を入れたのだろう。宮城県はこのことを大々的に県民に知らせ、またマスコミを通して全国に発信するべきだ。「北九州市の市民から、汚染がれきの受入反対、被災者の雇用につながるので宮城でがれきを処理すべきという意見がきております。県民のみなさん、そういうことですので北九州市に被災地の復興支援は頼めません。県民のみなさんには不自由をおかけしますが、ご理解賜りたい。」と宣言したらどうだ。北九州市は新日鉄八幡製鉄所があり、新日鉄城下町だ。市民の多くが何らかの形で新日鉄に関っている。また隣の岩手県釜石市も今回の津波で大きな被害が出ているところだが、ここにも新日鉄釜石製鉄所がある。こちら新日鉄城下町だ。宮城県知事は、岩手県民、釜石市民に特に強く、北九州市民ががれき受入を反対していることを訴えることだ。釜石市民の声をテレビの全国ネットで放映するといい。北九州市民の反応はいかに。新日鉄社長の見解はいかに。見ものだな。
 宮城県に抗議の電話があったのは50件超で、これが北九州市民の声を代表しているとは思わないが、こういうニュースがでると反対派が俄然勢いづく。結果的にがき受け入れ反対派の示威行動を全国にアピールできるわけだ。ここは、北九州市長の出番だ。石原都知事のように、「黙れ」と一喝してもらいたい。北九州市議会は九州ではいち早くがれきの受入決議をしたところだ。公害を克服した環境都市として、世界に情報を発信している。その北九州市ががれき処理を受け入れることになれば、環境都市としての責任を全うし、名実ともに「環境都市北九州市」をアピールできる。口先だけの「絆」ではなく、自らも、被災者の立場で考え、ともに汗を流す。北九州市長の決断が注目される。そして北九州市民の民度が試されている。
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【がれき受け入れを反対する人間の、家庭ゴミは収集するな!】

 報道によると、宮城県石巻市のがれき搬入を北九州市の反対派市民らが一時阻止した問題で、宮城県に22日、「汚染がれきの拡散には反対」などの抗議の電話が殺到、50件を超えたという。 原発反対派発の左翼市民グループが組織的に宮城県に抗議の電話を入れたのだろう...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。