1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪の入墨職員。橋下が正しい。

 大阪市の入墨職員問題。公務員のモラルもここまで落ちたかと言葉が出ない。今日の朝早い民放のニュースワイド番組でもこの問題を取り上げていた。コメンテーターの芸人も公務員としてあるまじき姿勢だと批判したが、そのすぐ後、「しかし、腰に薔薇をタトウーしている人もいるし、目立たないところにタトウーをしている人にそこまで言うのはどうなんでしょうかね。」と理解を示した。これを受けて新聞記事を紹介するアナウンサーが、「タトウーと入墨は違いますからね。」と言った。タトウーと入墨、どこが違うんだ! 言ってみろ! タトウーは入墨と同じだ。ファッションの一環で入れても入墨に変わりはない。やくざ、極道の入墨と同じだ。呼び方が違うだけだ。民放のディレクターやADにも入墨いれている奴がいるんだ。また番組に出演している芸能人にもいるんだ。そいつらに気兼ねして批判ができないのかもしれない。
 いまや入墨入れているやつはプロスポーツ選手、オリンピック選手のなかにもいる。タトウーはファッションとして一般の人にも受け入れられているというバカなテレビコメンテーターもいるが、そんなことはない。タトウー入れているやつは素人ヤクザ、極道予備役みたいなものだ。こういう風潮を煽ったのが外でもないテレビだ。
 テレビ製作者は左巻きが多い。やつらは世の中の既成概念を壊すことにテレビを利用する。バカな、白痴国民はドラマや芸能人の仕草、ファッションを無批判に受け入れる。「だって、テレビでやってたもん」、「芸能人もしていたよ」、「ドラマで見た見た」がバカ国民の判断基準だ。タオルを姉さん被りにして家やレストランで食事をするやつ、真夏日に毛糸帽子をかぶって室内でもとらないやつ、たばこを吸う女、左手で食べるやつ、金髪にしたクソガキ、オカマ、ニューハーフ・・・・。いままで社会で異端とされてきたものをわざとテレビに出し、社会通念を変えようと企んでいる。テレビ局側はいう。これまで、こういう人たちは社会から迫害されてきた。彼らにも人権がある。だから健常者と同等に扱っている。しかし人権なんぞと言っているがそんなこと言葉だけだ。社会の慣習、社会通念、常識というものを破壊しようとしているだけだ。日本社会の秩序を破壊しようと企んでいるといっても過言ではない。最終的には日本の国体の破壊、社会主義化だ。この動きは左巻き連中が連携して企てているふしがある。つまり、マスコミ労組、日教組、自治労、連合(旧総評系)の上層部がつながってやらせていると見ていい。
 橋下大阪市長がこの退廃している風潮に喝を入れた。これまで人権とやらで誰も言い出せなかったことに、橋下が噛み付いた。人権を盾にした反論は出ていない。一般人がタトウーとはいえ入墨を入れることに世間の理解は得られていない、マスコミからも反論が出ない。当たり前だ。正常ではないということがわかっているから。橋下のように社会常識からいっておかしいと思ったことははっきりと批判すべきだ。テレビ番組のスポンサーも、常識、社会通念上おかしいと思えば遠慮せずにテレビに文句をいい、聞き入れてもらえなければスポンサーを降りるくらいの気概をもってテレビ局に対抗してほしい。それが世の中を正常化する道だ。
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

コメント

「呼び捨てされ激怒」の橋下市長に反論 小林よしのり氏「常軌を逸してないか?」
http://www.j-cast.com/2012/05/01130942.html

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【大阪の入墨職員。橋下が正しい。】

 大阪市の入墨職員問題。公務員のモラルもここまで落ちたかと言葉が出ない。今日の朝早い民放のニュースワイド番組でもこの問題を取り上げていた。コメンテーターの芸人も公務員としてあるまじき姿勢だと批判したが、そのすぐ後、「しかし、腰に薔薇をタトウーしている人...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。