1. 無料アクセス解析

原発反対を言う前に

 経産省は今日、京都府庁で大飯原発3、4号機の再稼働へ向けた政府の対応を改めて説明した。予想されたことではあるが京都府の山田危機管理監は「行政、国民にもそこの理解が非常にしづらい」と述べて、再稼働に難色を示した。大阪の橋下市長をはじめ滋賀県知事、新潟県知事など再稼働に反対しているが、時期選挙のことを考えていないとは言えないと思う。彼らは、どういう状態になったとき安全と判断するのかさっぱりわからない。東電、関電の説明がわからないというまえに、自分らの安全の定義をもっとわかりやすく国民に説明しろといいたい。
 今の世情では原発の再稼働を認めるというのは勇気のいることだ。だからポピュリズムに走っていいということにはならない。原発の安全性を国民にわかりやすく説明しろというが、国民は判断できるのか。ワシは甚だ疑問と思っている。第一、国民に原発の安全性を判断しろというのは無責任な暴論だ。政治、行政の責任を放棄しているようなものだ。橋下他の首長は、自分たちの求める答えが出なかったら再稼働は認めないと言っている。つまり、原発の再稼働はしなくても電力は計画どおり供給できますよ、原発は絶対安全ですよという答え以外は認めるつもりはないと言っている。いかにも市民を意識した姿勢だ。世の中に絶対安全などというものはないと分かっているのに、どうして原発にだけ絶対安全を求めるのか。今の科学をもってしても地震の予知はできないというのなら、原発はきっぱりと休止すべきだ。その間、原発に替わる代替エネルギーの開発に取り組むとともに、電力供給量に見合う社会活動を国民に訴え理解させることだ。
 この前、橋下は、今夏の節電協力の結果いかんでは原発の再稼働を認めることも有りうる旨の発言をした。原発反対といいながら節電に協力しないのなら、不本意ながらも原発の再稼働に同意するといったのだ。これが責任ある立場の人間の言うことだ。この意見が出て、まともな議論になる。橋下を少し見直した。しかしまだ、原発反対、原発の安全性が不透明という意見ばかりが世間を賑わしている。だから自分たちも原発に頼らなくてもいいような生活をしましょうという声が出てこないことが不思議であり、不満だ。要求することもいいが、自らも節制することが大事ではないか。
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)