1. 無料アクセス解析

長嶋は巨人軍に滅私奉公だ

 巨人が球界の申し合せ事項である、新人契約金の最高標準額を超える契約金を払っていたとする報道に対して、長嶋名誉監督が朝日新聞に怒りを露にした。内部資料を漏らした人間の洗い出しをすると言い、また実名が報道された選手を庇う発言もした。
 巨人の顔である長嶋が巨人軍の批判をするわけないし、仮に知っていたとしても絶対に言うわけがない言えばナベツネに反旗を翻すことになることぐらいわかっているはずだ。清武元代表とナベツネのドロ試合でも、無条件に清武批判をしたことも同じ理由だ。 長嶋にすれば、事の真偽は関係なくて、とにかく巨人軍および読売新聞側につくこと、または応援することが彼の役割なのだ。それは入団以来、現役、引退、監督、解説者として球界の宝として扱ってくれた読売新聞への滅私奉公なのだ。この件で長嶋に取材して、彼の口から新事実が出るとでも思ったマスコミもよっぽどのバカだ。
 巨人軍は「最高標準額は上限を意味していない。ルール違反ではない」というが、いつもこのパターンだ。明文化されたルールではないから、今回の件もルール違反ではないという。申し合わせや、これまでの慣習、阿吽の呼吸など、都合が悪くなればいつでも破りますよというのが巨人の姿勢だ。だってルールではないんだから。ドラフトの江川事件、逆指名制度など自己の欲望のためなら法の隙間を駆使して目的を達成しようとする。
 巨人がなんだかアメリカとかぶって見えてきた。

スポンサーサイト

テーマ : 読売ジャイアンツ - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【鬱憤ばらし】

 巨人が球界の申し合せ事項である、新人契約金の最高標準額を超える契約金を払っていたとする報道に対して、長嶋名誉監督が朝日新聞に怒りを露にした。内部資料を漏らした人間の洗い出しをすると言い、また実名が報道された選手を庇う発言もした。 巨人の顔である長嶋が...