1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パクリ国家中国、どうにかならんかね。

 中国はまったくどうにかならんかね。パクリ国家、もっといえば泥棒国家だ。とうとうイタリア政府も「イタリアのイメージ損なう」として偽ブランドの取り締まりを中国政府に要請した。ついこの前はiPadの登録商標問題で、なんとアップル社が中国企業に負けたばかりだ。これで世界が中国を見る目が変わった。中国とはまともな付き合いはできないと判断しだしたのだ。今回のイタリア政府の動きもこれに呼応している。
 中国政府は世界の目が少しは気になるようで、「知的財産権は中国の法律に従うものだけが保護されるものであり、中国政府も知的財産権を非常に重視している」と回答した。そもそも中国の法律自体がいいかげんな法律なのだが、このように回答していることは、中国政府がすこしは慌てていると判断される。
 基本認識として、中国は法治国家ではない。人治国家なのだ。そのときの政府の気分で法律を解釈する国なのだ。中国が国際ルールを守らないということは世界の常識だったが、世界の生産工場として中国の存在が無視できなくなったので、中国をWTOに加盟させた。これには知的所有権の保護も当然ふくまれているが、やっぱり中国は国際ルールを守らない。当初から懸念されていたとはいえ、自由主義社会陣営は失望している。イタリア政府の抗議だから、まだ真摯に対応しているような素振りだが、これが日本政府だったら、「中国は中国の法律に基づいて知的財産権を保護している。日本の抗議は当たらない。内政干渉だ」と非難したかもしれない。それだけ日本が下に見られているというか、バカにされているのだ。日本もそれが判っているから中国に抗議ができない。何とも情けない国になってしまったもんだ。
 外交は相互主義が原則だから、日本も商標登録したらどうか。「天安門」、「文化大革命」、「万里長城」、「長征」、「南方講話」、「北京」、「チベット」、「ウイグル」、「紅衛兵」、「香港」、「上海」・・・・。
 訴訟大国アメリカが、日本企業を相手にする時ほどに中国に厳しく対しないのは気になることではある。損害賠償100億ドルなどという天文学的金額を中国に突き付けろ。数字の誇大表現であれば中国の方が上手か。白髪三千丈などという国だからな。
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【鬱憤ばらし】

 中国はまったくどうにかならんかね。パクリ国家、もっといえば泥棒国家だ。とうとうイタリア政府も「イタリアのイメージ損なう」として偽ブランドの取り締まりを中国政府に要請した。ついこの前はiPadの登録商標問題で、なんとアップル社が中国企業に負けたばかりだ。こ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。