1. 無料アクセス解析

日本の高度医療。外国人いらっしゃーい。

 今日、たかじんのそこまでいって委員会を見ていると、TPP参加で医療が崩壊するかが議論になっていた。TPPに参加すると日本の高度医療を目指して中国から沢山の人が日本に治療にやってくる。当然自由診療だから高いが、中国の富裕層はそんなこと関係ない、金に任せて高度の医療を要求する。すると病院も、健康保険で治療するよりも自由診療のほうが儲かるから、そちらを優先する。医者も高給のそちらにつられていく。すると金のある人は高度医療をうけられるが、金のない人はそれがうけられないという格差をうみ、国民皆保険制度が崩壊するという。 賛否両論出ていたが、ワシは中国人はじめ外国人が日本に高度治療にくることに反対はしない。しかし、料金は外国人価格を設定してもいいと思っている。韓国や中国に観光にいくと、日本人が買うお土産は、日本人価格が設定されていて相場よりも高い。これと同じで、日本の高度医療についても韓国、中国人など外国人価格を設定する。日本の治療費の5倍はとってもいい。しかし、4倍相当分は国民保険財政のほうに還元しなさいという制度をつくったらいい。すると中国人、韓国人、インド人など多くが日本の高度医療の治療に来れば来るほど国民保険の財政健全化に貢献し、その分国民保険制度の維持充実ができるのではないか。本当はそんなことやりたくないのだが、国保の財政が破綻仕掛けている現状を見ると、これくらい厚かましくやってもいい。韓国、中国はこれ以上にドギツイぞ。
 日本の高度医療は、日本の医療制度の上で高度化されてきたものだ。だから外国人は日本で高度治療を受けるときには、日本に対し所場代を払えというこっちゃ。
スポンサーサイト

テーマ : 社会保障 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)