1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河村発言、いいねー。

 名古屋市の河村たかし市長は20日、同市役所を表敬訪問した中国共産党南京市委員会の劉志偉常務委員らとの会談で、旧日本軍による「南京大虐殺」について「通常の戦闘行為はあったが、南京事件はなかったと思っている」と発言したlことで、案の定中国が反発してきた。
 「南京大虐殺記念館」の朱成山館長は「でたらめな話」、「歴史を見ずに友好をアピールすることはできない」と述べ、歴史を「正視」する重要性を訴えた。
 こいつ、一体誰に向かって言っているのか。中国共産党に言っているんだろと思っていたら、どうも河村市長、日本に向かっていっているようだ。歴史学という学問が存在しない中国で、何が歴史を正視しろか! この言葉そのまま朱成山館長および中国国民にお返しします。
 中国では歴史は時の権力者の解釈でどうにでもなるのだ。それはこれまでの中国の歴史を見れば明々白々だ。中国の歴史を語らせば日本人はじめ欧米人の学者のほうが中国人学者よりもはるかに物知りだ。客観的評価もできる。
 中国人が自国の歴史にいかに無知であるかは、文化大革命以降、共産党の歴史観により教育されてきたことが大きく影響している。だから今の中国国民は共産党史観が中国の正史と思っている。彼らに客観的な歴史というものを教える必要がる。
 河村発言以降、姉妹都市間の文化交流事業が中止されたり、日中国交40周年記念行事にも影響が出そうな状況だ。結構なことではないか。言うべきことを言って、相手が交流を拒否するのならしかたがない。中国とは大人の付き合いはできないということだ。中国は、そういう国なのだということを再認識させられた。
 河村市長よ、今度はこちら側から呼びかけしたらどうよ。「中国の学生諸君! 世界史、東洋史、近現代史の勉強のため日本に留学しませんか。公費留学生として名古屋市が面倒みますよ。」 
 さて、何人来るかなー。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史認識 - ジャンル : 政治・経済

コメント

No title

まさに貴方のおっしゃるとうりです。
ホントのこと言って、なんかんのといちゃもんつける国とは真の友好は
ありません。韓国にたいしても然りです。
歪んだ歴史をたてにして、他国の領土、主権を侵害しょうとする国は、真の友好国になりえません。

コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。
中国という国はまったくもって大人気ないですね。
海保の船に故意に衝突してきた漁船の船長を逮捕したら、中国の日本人を拘束したり、
駐日領事館が日本国内の土地を金にかませて買い漁って、住民が反対運動したら
中国の日本大使館が増築するのにいちゃもんつけて建築許可を下ろさなかったり、
やることがゴロツキといっしょですね。国家も品がなければ、国民は品の「ひ」
の字もありません。
こういう国家や人間が金を持つと世も末です。
中国に内乱が起き、分裂することを願っています。

No title

中国人が虐められているよ。。

http://damefx.blog48.fc2.com/blog-entry-17589.html#comment
の下の方。

質問があります。

・南京大虐殺は本当にあったんですか?

・東京大空襲(10万人)と広島原爆(14万人)と長崎原爆(7万人)の被害者を合計したほどの民間人をどのようにわずか数週間で殺したんですか?

・人口20万人と言われている当時の南京市でどうやって30万人以上の市民を無差別に虐殺したのですか?

・どうして南京に30万人の遺体がないのですか?

・どうして中国人は得意の暴動などをして抵抗しなかったんですか?
2012/03/11(日) 07:19 | URL | 名無し #44/MRI3g[編集]

2012/03/11(日) 09:16 | URL | ダメおやじ #-[編集]

Re: No title

いわゆる日本軍による南京大虐殺はなかったのです。第二次上海事変で日本軍に敗れた中国国民党軍は敗走するときに南京市内の一般家庭に押し入り、略奪、殺人、強姦などあらゆる残忍なことをして、しまいには家に火をつけて撤退していったのです。そして一部は一般市民に紛れ込んで駐屯している日本兵に背後から銃を撃ってきたのです。国際法では市民を装ったゲリラ(便衣兵)は撃ってももいいことになっています。逆に言うと、平服をきた一般市民を撃つことは国際法違反なのです。しかし、軍の紀律が守れない国民党軍はそんなことお構いなしで日本軍を攪乱してきました。そこで日本軍は市民に紛れ込んだ便衣兵狩りをします。見つければ処刑しました。南京大虐殺といわれるものは中国人が中国人を虐殺した事件なのですが、日本軍の便衣兵狩りを逆手にとってそれらすべてを日本軍のせいにしたのです。しかし日本軍が駐屯してからは治安もよくなり、汪兆銘の親日南京政府が誕生したくらいです。河村市長が言うように一般の戦闘はあったのですが、30万人大虐殺というのは中国人特有の大虚構(フィクション)なのです。だから30万の遺体など見つかるわけがありません。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。