1. 無料アクセス解析

原発の安全神話の崩壊?

 福島第一原発の事故で、原発の安全神話が崩れ、原発が再稼働できない。これ幸いとばかり原発反対派は勢いを増し、全国で反原発、脱原発運動を繰り広げている。
 確かに、福島第一原発の事故の影響の大きさを鑑みると、原発の恐ろしさを再認識させられる。人間が制御できない発電技術はないに越したことはない。しかし、社会が高度に文明化し、更なる電力を欲してきたのも人間だ。危険だからといって、原子力を拒絶していたら、文明はこれまで発展はしてこなかっただろう。
 一歩間違えば危険なものでも、使い方を考えると、文明に有益で、人々の暮らしに貢献もする。そこに人間の知恵が発揮され、科学の発展もある。
 今回の原発事故は、全電力喪失ということが原因で原子炉をコントロールできなかったものだ。想定外の津波が来たとはいえ、電源を地下に設備していた東電の設計ミスは責められるべきと思うが、ワシが釈然としないのは、だからといって原子力発電技術の安全性が否定されるのかということだ。原発の安全神話とは、平時、そして想定される災害に対して原発が安全にコントロールされるということだろう。これが平時や想定内の災害で異常をお越したり、誤作動するようでは原発の運用技術は確立されていないと判断されるが、これまでの日本の原発の運用をみると原発の技術の安全性は確立されていると言えるのではないか。要は電源を津波や地震などにも被災しない安全な場所に設置するということを徹底すれば、原発はこれまで通り、いやこれまで以上に利用できるのではないかと考える。
 我々は飛行機に乗る。全エンジンが停止したら飛行機は墜落するからといって、飛行機に乗らないのか。全エンジンが停止したら飛行機は墜落するから、飛行機の安全性は確立されていないというのか。いまの反原発の主張もこう言っているように思える。
 科学は理性で発展し、感情で衰退する。
 原子力に対して冷静な議論をしようよ。
スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)