1. 無料アクセス解析

把瑠都の優勝はそんなにおもしろくないか。

 大相撲初場所は把瑠都の初優勝で幕を閉じた。把瑠都の優勝に対し、技術なし、力だけ、町の相撲大会などと辛口の批評を新聞で見たが、残念というか悲しいね。場所が終わった翌日にこんな記事を載せる新聞社の見識を疑うが、批判する人間にも素直に勝者を称えるという姿勢がほしいと思った。
 把瑠都に技術がない、力だけなどと批判するが、その把瑠都が大関にまで昇進し、来場所は横綱を狙おうかという状況だ。技術があり相撲がうまい力士はたくさんいる。彼らを負かしての今の地位だ。力が技を凌駕したといえる。それは立派なことではないか。現東関親方(元高見山)、佐ノ山親方(元小錦)などもただ体が大きいだけ、力が強いだけで関脇、大関まで昇進した。体と力だけでここまで昇進したことは、把瑠都同様にすごいことだとワシは評価する。しかし把瑠都はまだ粘り腰があるので彼らよりはもっと強くなると思う。
 翻って日本人力士はどうだ。ちょっとはたかれたらバターンと落ちる、ちょっといなされたらころりと転ぶ、土俵際に詰められたらすぐに土俵を割る、相撲をとっている時間が2秒もない。1秒かからず勝負がつくことも多い。これではラグビー選手のほうが絶対に強い。土俵で対決したらラグビー選手のほうが勝つ。
 いまの相撲のレベルはこんなもんだ。だから人気がでないんだ。把瑠都は力だけだと批判するまえに、力もない、技もない、粘りもない日本人力士をどうするのよ。構造改革でリストラでもするか。
 昔の千代の富士、貴乃花、輪島、旭国、増位山、栃東、藤ノ川のように頭をつけ前みつをとったら徹底的に食い下がるしぶとい相撲はどこに行った。昔の玉の海、琴桜、陸奥嵐、若浪のようにうっちゃりができる力士はどこに行ったか。彼らがいれば少なくとも西洋人が幕内上位にくることはなかったな。あのころの相撲がもう一度見たいなあ。
 それにしても把瑠都はよくがんばった。琴欧洲も横綱を目指してがんばってほしい。ワシは琴欧洲ファンなんじゃ。厳密に言うとブルガリアファンなんだ。ブルガリアは親日国家だからわしもブルガリアに好感をもっている。ヨーグルトも大好きだよーん。 お腹がピーピーになりそうだからこのへんで止めとく。
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲 - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)