1. 無料アクセス解析

自民党のダメさがわかってきた

 いまTPP参加に賛成か反対かで世論は二分されている。野田首相はこれに参加すべきと思っているが、与党内の慎重派、反対派に気兼ねし、「関係国と参加に向けた協議にはいる」というあいまい表現でその場をしのいでいる。こういう姿勢を野党は批判しているが、自民党でさえもTPP参加の方針を決め切らないでいる。だから政府批判にも今いちリキが入っていない。
 民主党政府になって、この政府および民主党の未熟さというか素人さが嫌というほどに分かってきたが、その一方で、自民党政権時代の無能力さもあわせて見えてきた。たとえば、不法占拠されている竹島。いま韓国は竹島に武装警察官を常駐させ、観光客も上陸させている。これに今度は竹島管理事務所を建設すという計画も明らかになった。着々と既成事実化をしている。これに対し日本政府は口先だけの抗議と、遺憾の意を表明することくらいしかできず、自国の領土を守るという信念が感じれれない。竹島の今の状況を「不法占拠」とさえ言えないくらいだ。しかしこれは、民主党政権を攻めてもしかたがない。このような状態にまで放置してきた自民党政権が一番悪いのだ。
 尖閣問題も一緒だ。尖閣に領土問題はないと言いながら、尖閣諸島の魚釣島に日本人が上陸することを拒否してきたのは時の日本政府自身なのだ。やれ韓国を刺激する、中国を刺激するといって自国の領土を守ることを放棄してきた結果がこれだ。自民党政権時代に、このような無策を主張してきた政治家はいま国民に向かって謝れ! 野中よ、山崎よ、古賀よ、小沢よ、何か言うことがあるだろ!
 韓国や中国のスパイのような働きをして日本の国益よりも韓国、中国の国益を優先させ、その見返りに選挙協力でもしてもらったか。この前の尖閣中国漁船衝突事件では、結果的に釈放したが、はじめは中国漁船の船長を逮捕した。前原外相が国内法にもとずき逮捕させたものだ。ワシはこの件で民主党政府と前原の判断を支持した。それは、自民党政権だったら、故意にブチ当てられても領海外に追い出すことで、間違いなく事件にしなかったと思われる。中国を刺激するなという圧力が政府官邸から出された可能性が高いからだ。いま現在、日中中間線の際で中国が石油を盗掘している。その事実を知っていても中国に何も対抗策が打ち出せない。自民党政権でも何もできなかったから、素人集団の民主党政権にできるわけはないと思いながら、日本の政治がいかに無策であるかを嘆いている。
 民主党はハナからダメ政権だが、翻って自民党政権の時を思い出して見ると、その無策が全部いまの民主党政権にのしかかっているような気がする。
 日本は本当に大丈夫かな
スポンサーサイト

テーマ : このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)