1. 無料アクセス解析

政治家の良心

 野田政権が発足して、はやくも軋みが出てきた。国会の会期延長に関連し、松本ら国対委員長代理3人が辞表を提出した。輿石らの国会運営方針に反発してのことだ。やっぱり火種を抱えての野田内閣だなと認識を新たにした。
 そもそも、民主党内閣自体が中学校の学級委員会の延長のようなものだから、野田内閣もその延長であることに変わりはない。近所のオッサン、オバサン内閣だ。ド素人内閣と言ってもいい。国家の要である国防大臣には、「私は安全保障の素人だが、それが本当のシビリアンコントロール(文民統制)だ」とおしゃる御人を充てた。こういう人間に命をあずける自衛隊員とその家族の心情を思うとやりきれない思いだ。しかし、こういうことは自民党政権の時からあったことなので、もう慣れっこというか、全然気にしていないよという心境かもしれない。また、法の番人である法務大臣には、死刑反対を唱え、自らも死刑を執行しないと言う人間を起用している。法務大臣が刑事訴訟法を守りませんよと言っているのである。これでは、警察は何を根拠に違反者を逮捕、検挙したらいいのか国民に示しがつかないではないか。そして先日辞任した、「放射能をうつしてやる」発言の鉢呂だ。もともと農協出身の旧社会党の人間だ。出身が農協だけに農政が専門らしいが、経済はズブの素人である。その彼が経産相だった。彼は思想的にはマルクス・レーニン主義者であり、こういうイデオロギーの人間をなぜ、高度に発達した資本主義経済のトップにもってきたのか、野田の見識を疑う。ましてや、原発事故の復旧、復興が喫緊の課題である今の経産相になんでこんなド素人大臣を据えたのか、考えれば考えるほどに頭に血が登る。さらに、この事故を受けて、日本のエネルギー政策の転換が叫ばれているときに尚更だ。実は野田が隠れ社会主義者で、資本主義の象徴である大企業を潰す目的で鉢呂をもってきたのなら、それなりの理由はるが。仮に鉢呂がこのまま経産大臣でいたなら、東電解体国営化、反原発、反核、在日米軍基地撤去、日米安保撤廃という方向に市民運動を煽ったかもしれない。鉢呂の辞任は結果オーライの感がある。
話を戻すが、一国の大臣は素人で努まるようなポストではない。それは非常時は言うに及ばず、平時でもだ。国内問題として対処すれば事が済む時代ではない。グローバル化しないと生きていけない現代社会は、外国と交渉していかに国益を確保していくかが国家の命運を左右する。その外交相手はその道のプロ中のプロで、国際政治のなかで何年、何十年と仕事をしてきた連中だ。そういう連中相手に、日本海を友愛の海にしようとか、わたしは防衛は素人だからシビリアンコントロールができるとか言うと、相手は馬鹿にすることを忘れて、ポカーンと口を開けて呆れ顔をした後、手で口を塞ぎ、「ウッシッシ」と笑いニヤリとするだろうよ。こういう人間を大臣にしたことに国民はもっと怒り、政府を追求すべきだ。国民運動を起こすべきだ。政治家は、国家、国民の命が双肩にのしかかっているという自覚をもち、自己の名誉、名声のために大臣の地位を利用してはならない。自らが素人というのであれば、大臣就任要請を潔く断ることが政治家のモラルであり、良心だ。
こんな政治家ばかりで日本は大丈夫かな。
しっかりしろ、日本!
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)