1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意識的な過剰反応?原発事故。

東日本大震災で東電の福島原子力発電所が被災し、放射能が漏れて農産物から基準値を超える放射性物質が検出されている。これを受けて政府は、福島、茨城、栃木、群馬の各県で生産されたホウレンソウとカキナ、福島県生産の原乳について、当面、出荷を控えるよう各知事に指示した。また、出荷が制限される農産物について「(飲食しても)直ちに健康に影響を及ぼす可能性はない。過剰な反応をせず、冷静に対応してほしい」と呼び掛けた。テレビの報道でも、基準値を超えるホウレンソウや原乳を普段どおり摂取しても、何ら人体に害を及ぼすことはないと識者が言っていた。おそらく政府、識者の言うとおりだろう。ならば何故、政府はそれら農産物を出荷禁止にしたのか。過剰な反応はするな、冷静に対応しろ言っているわりには、やっていることが支離滅裂ではないか。出荷禁止になったという報道をみると、やっぱり福島産のホウレンソウや牛乳は人体に悪いのかと、国民の多くがそう思うのは当たり前だろう。人体に影響がないというのであれば、枝野は記者会見の時、福島産の牛乳パックを水替わりに台に置き、それを呑みながら記者会見しろ。また、国会の食堂では、福島、茨城、栃木、群馬の各県で生産されたホウレンソウとカキナを使ったメニューを作り、国会議員がそれを食べていることをPRしろ。ワシは、それらの農産物がスーパーに並べば購入すると思う。それにはその商品が福島や茨城産であること、基準値以上の放射線が検出されたが、洗浄によりかない低い値になっていること、食しても人体に影響がないことを明記して店頭に並べればいいと思う。あとは消費者の判断にまかせたらいい。それでも売れなければ、需要と供給の関係から必然的にそれら農産物は市場から消えていく。それでいいのではないか。人体に影響がないといいながら、政府が出荷を禁止するということが矛盾している。むしろ過剰に、ヒステリックに反応するよう政府が率先して運動しているように思えてくるのだが・・・・・。
菅政権の本音は原発反対で、これを契機に日本から原発をなくそうとしているのか。菅政権の裏で誰か、日本の原子力行政を転換させようと画策しているヤツがいるかもしれない。福島の原発事故もさることながら、日本の原子力行政も危ない局面を迎えていることを、国民は感じ取らなければならない。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。