1. 無料アクセス解析

外国救援隊の活動を放映せよ

11日に発生した東北関東大震災の災害復旧が活発になってきたが、いまだ道路が閉塞し孤立している地区で、水や食料が供給されてない避難場所も多くある。一刻も早く供給物資が届けられることを祈っている。こういう中、世界各国から救援隊が来日し、献身的な活動が日々行われている。しかし、日本のテレビではどの局も、こういう外国の救援隊の活躍を報道していない。報道しているのは瓦礫と化した街の状況、避難場所の状況、原発事故の記者会見などである。確かにこれらの情報も重要であるし、国民に知らせてほしい情報だ。しかし、好意で外国から来てくれた救援隊の活躍も報道してもらいたい。政治体制の違い、国交の濃淡を通り越して、日本の復旧のために身を粉にして働いてくれている人々だ。日本人として感謝に堪えない。こういう関係が国と国の良好な関係に発展してくれればいいと思う。だからマスコミも彼らの活躍ぶりをもっと日本国民し知らせてほしい。そして、日本でのこの報道が派遣国でも報道されることで、その国の国民は救援隊を誇らしく思うだろうし、両国の国民の間にも友好関係が芽生えるかもしれない。イデオロギーを排した、人間対人間の付き合いである。これが本当の外交と言えよう。だから、未曽有の事態ではあるが、これを国と国とのいい関係を構築する端緒として取り組んでほしいと思う。そして、今回の災害を教訓にして、災害に強い街づくりや、民間協力体制の在り方などハード、ソフトのノウハウを全世界に発信することが、救援を受けた世界への恩返しだ。そのためにも、外国からの救援隊の活躍を是非とも報道してもらいたいと願っている。
ありがとう、世界の国々。
がんばろう、日本!
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)