1. 無料アクセス解析

バカな国には当たり前のことでも言い続けろ

日本固有の領土でありながら、中国が領有権を主張している尖閣諸島(沖縄県石垣市)の教科書表記について、高木義明文部科学相は28日の参院本会議で、「尖閣諸島を含むわが国の領土領域を正確に理解させるためには、今後の不断の見直しを行う中で検討する」と述べ、表記の実現に前向きな姿勢を示した。これまで日本政府は、尖閣諸島に領土問題は存在しないとして教科書の記述を控えてきたが、これからは北方領土、竹島とともに日本の領土として教科書や学習指導要領に記述していく姿勢をみせた。当たり前といえばそのとおりだが、今ごろになって何言うかという思いもある。それも今回の漁船衝突事件があったからこういう展開になってきたわけで、それがなかったら未だに尖閣諸島は真空地帯のままだ。それは現民主党政権のせいではなく、これまでの自民党政権の売国的政治の影響が大きい。その売国先はもちろん中国だ。自民党長老の、見るからに金権、口利き、悪人面した実力者といわれた老害議員は、保守の仮面をかぶりながら裏では共産中国と通じ、OECD利権をほしいままにしていたのだ。そのために中国と対立することを極力さ避け、日中友好という御旗のもと、尖閣の領土問題を不問にしてきた。それはどういう事かといえば、不問にすることで、そこに日中の領土問題が存在することを暗黙のうちに認めたということだ。こういう背景のもと日本では自民党政権が倒れ、民主党政権が誕生した。尖閣諸島についての、民主党政権のスタンスを諮り知ろうとしたのがあの漁船衝突事件だったのではないかと疑っている。事件後、暗黙の了解が通じないと悟った中国は、名実ともに領有権を主張するようになった。外交問題は何でも、自国の判断基準で処理をすると予想外の結果を招きかねない。こちらが問題すら生じていないと思っていても、相手にすれば、弱みがあるから問題にしないのかと受け取られるし、判っているから言わないといっても、相手は言われなかったからしたというかもしれない。日本人の思考がそのまま通じないと知るべきだ。だから、領土問題もつねに日本の領土だと言い続けなければならない。北方領土がニュースになるときは、「日ソ中立条約を破って侵略された」北方領土といい、竹島がニュースになるときは「韓国に不法占拠されている」竹島といい続けなければならない。同様に尖閣諸島は「日本固有の領土である」尖閣諸島といわなければならない。教科書にも当然そのように記述すべきと思う。尖閣が、教科書にどのような形で記述されるか見ものだ。まさか、そこにも隣国への配慮と称して、中国に遠慮した記述になることはないだろうね。
頼むよ、高木君。
スポンサーサイト

テーマ : 領土・領海・・経済水域 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)