1. 無料アクセス解析

「たちあがれ日本」の連立入り

たちあがれ日本が、民主党から連立政権の参加を打診されている。与謝野共同代表は連立参加に前向きだ。消費税引き上げによる社会保障制度改革で菅と意見を一致している。しかし、藤井孝男参院代表と園田博之幹事長は連立に強く反対している。保守本流を標榜する立党の精神に反するという立場だ。片山虎之助参院幹事長と中山恭子参院幹事長代理は経緯を聞いてから判断したいとしているが、連立に色気も見せている。ワシは、たちあがれ日本を保守の最後の砦として期待していた。しかし、連立参加、閣僚ポストをちらつかされ、脆くもそれに流されようとしている姿を見て、幻滅を感じている。そもそも「たちあがれ日本」の国家観は一体何だったのか。男系天皇制の堅持、自主憲法の制定、戦後の自虐史観義務教育の正常化など、保守本流を標榜する党として、保守層の期待を背負っていたはずだ。その立場で、現民主党政権を、対極にある政権として批判したきたはずだ。菅、仙谷の反米、親共、親中国政権とは国家観が180度違う。与謝野が言うように、消費税を引き上げないと社会保障制度は維持できないことは判っている。そして、それは国家運営上、大きな問題であることも判っている。しかし、それは政策の一つにすぎない。それにも増して、現民主党政権は、日本国家として、どういう政治体制を選択するのかという根本問題を明確にしていない。つまり、これまで通り資本主義体制、資本主義陣営の側にいるのか、社会主義体制、共産、社会主義陣営の側に移るのかという基本スタンスをあいまいにしたまま政権運営をしてきた。菅や仙谷、その他の閣僚をみると、後者のスタンスと読み取れるのだが、それを明確にせず、しかし心底では後者を標榜している姿勢は明らかだ。このような政権と、ただひとつの政策が一致するからという理由で連立を組むというのは、あまりにも近視眼的ではないか。一つの施策が一致するメリットよりも、それ以外の政策で妥協するデメリットのほうがはるかに大きいことを知るべきである。民主党の政策に賛成するものがあれば、是々非々、個別対応で賛成すればいいだけのこと。連立に入る必要などどこにもない。政権に入るということは、国家観が共通していることが最低の条件ではないかと思っている。平沼代表がどういう判断をするのかわからないが、彼には、保守層を代表して、見識を示してほしいと願っている。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)