1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなに大騒ぎすることか

尖閣漁船衝突のビデオがネットに流出した事件で、神戸海上保安部の航海士が名乗り出た。ニュースはどの番組も、この事件の捜査の状況を大々的に報じている。容疑者の自宅の捜索、容疑者が乗船していた巡視艇の捜索、神戸海上保安部の捜索と物々しい。いったいどんな凶悪な事件が起こったのかと戸惑いを隠せない。いっちゃ悪いが、所詮は公務員の守秘義務違反ではないか。確かに法に違反すれば法の裁きを受けるのが当然である。罪にも軽重があるが、公務員の守秘義務違反という罪が、報道で見る物々しい捜査の対象になるのかどうか。国防上の重要機密を漏えいしたのであれば、今回の捜査も納得できるが、巡視船が中国漁船にぶつけられたという今回の事件の捜査にしてはあまりに仰々しく、大げさすぎはしないか。このビデオは、裁判になれば証拠として出され、公開される代物だ。それが裁判にもならないのだから、証拠にもならない。そういうものがはたして「秘密」たりえるのか。政府はこのビデオのどこに「秘密」を感じているのか。この事件が裁判になったら、海保の容疑者は堂々と反論してもらいたい。国民も注視すると思う。この事件の捜査がこれほど物々しく大げさなのは、守秘義務違反に論点をすり替え、真実を隠そうとしているためではないか。では、その真実とは何か。それは石原都知事も側聞として言っていたが、中国漁船を臨検する際、何人かの海上保安官が海に転落し、それを中国漁船員が銛で突いたという映像ではないかと思う。流出したビデオはすべてではなく、臨検、船長逮捕の映像などは省かれている。編集で省かれている個所に真実が隠されているのではないかと疑う。ネットに流出したビデオからは、中国漁船が故意にぶつかってきたことがはっきりと見て取れる。しかしそれは真新しいことではなく、事件当初から政府は、中国漁船が故意にぶつかってきたこと、だから公務執行妨害で逮捕したといっていた。それがビデオで証明されたにすぎない。ネットに流出したビデオにそれ以上の価値はない。問題は、ビデオの流出を機に、全編を公開せよという世論が起こることを政府は極力警戒しているふしがある。その秘匿したものこそ真実ではないか。これが公開されれば、内閣は一夜で吹っ飛ぶかもしれない。はやく全編が公開され内閣がふっ飛んでほしいと願っている。
スポンサーサイト

テーマ : 尖閣諸島問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。