1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巡視船の修理代はどうなった?

尖閣領海内での中国漁船が海保の巡視船に衝突してきたビデオがインターネットに流れて国中が大騒ぎになっている。政府はこの事件の証拠のビデオを非公開にするつもりだったが、こういう結果になりあわてふためいている。国民としては、実情を知りたいという気持ちと、主権に関わることだから当然知る権利もあると思っている。だから、ネットに流出したことは好意的に受け止めている。やっぱり、悪いのは中国漁船のほうで、故意にぶつけてきたことがはっきりとわかった。世の中何でも悪いのは共産中国で、共産中国が世のためにいいことをするわけがないし、これまでいいことは何もしてこなかったことは歴史が証明している。このビデオは中国でも見られていて、これを見た中国人が、日本のほうがぶつかってきた、よくやった、日本がビデオを捏造しているなどと、コメントしているのを見ると、やっぱり中国人は人間じゃない人食文化で育った人間はもはや家畜以下だ民度の低さを改めて感じた。ネットに流れたビデオには、中国漁船がぶつかってきたことしか放映されていない。中国漁船を停船させ、臨検し船長を逮捕している映像は映されていない。側聞によると、海上保安官が中国漁船に乗り移る時に何人かが、海に落ちた。これを、中国人船員が銛(もり)で突いたという。石原都知事も民法番組に出て、この側聞のことを言っていた。こういう側聞が独り歩きすることは、日中両国にとって不幸なことだ。だからビデオの全面公開が望まれる。ネット流出を機に、ビデオの全面公開の道が開かれることを期待する。
ところで、中国漁船にぶつけられた巡視船の修理代はどう決着したの? 日本はぶつけられたと主張しているのだから当然中国に修理代を請求しているだろうね。これはどこに確認したらいいのかね。まさか、うやむやにして、国民の税金で修理することにはならないだろうね。念のために。
スポンサーサイト

テーマ : 領土・領海・・経済水域 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。