fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

極左過激派桐島聡逮捕。ビビっている政治家、ジャーナリストはいないか。

 連続企業爆破事件のうち昭和50年に起きた事件に関与したとして、警視庁公安部が爆発物取締罰則違反容疑で指名手配されていた過激派「東アジア反日武装戦線」のメンバー、桐島聡容疑者(70)とみられる男の身柄を確保したことが26日、判明した。桐島聡は末期がんで偽名を使って入院していたという。
 桐島の指名手配のポスターはワシが大学生のころにはすでに見られた。約半世紀前の話だ。それにしても約50年もの間よくも捕まらなかったものだ。また警察はよくも捕まえきらなかったものだ。桐島を社会から隠す支援者グループがあったのだろう。それも友達関係の狭い交友関係ではなく、暴力革命という思想信条を一にする政治団体、それも全国ネットの組織があると考えるが自然だ
 2000年11月には国際テロリスト、日本赤軍元最高幹部の重信房子が逮捕されている。重信は偽造旅券で日本に入国していた。重信にしろ桐島にしろ、国家という枠組みを否定して、世界の同志と連帯して世界同時革命を目指していたはずだが、逮捕されたときにいた国が日本というところに皮肉さを感じる。桐島は末期がんで入院中というが桐島がまともな健康保険証を所持しているとは思えない。誰かの保険証を借りているのか、偽名で健康保険証を作ることができたのかいずれにしろ保険証を発行した行政も、保険使用を認めた医療機関も本人確認がずさんすぎる。だから健保証とマイナンバーカードを紐付けるという話が重み増す。
 桐島は逮捕された。桐島をかくまった背後組織を洗い出さなければならない。現役の政治家にもつながる可能性もある。またマスメディアに侵入している同志もいるかもしれない。警察は徹底的に捜査をしてもらいたい。「言論弾圧だ」などというキャンペーンを張られるかもしれないが、そういうところがいちばん怪しい組織だ。警察の本気度を見せてほしいと思う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

コメント

まだ極左殲滅は終わらない

こんにちは。

先日突然入ってきた極左テロ集団「東アジア反日武装戦線」のメンバー・桐島聡が逮捕されたというニュース、指名手配でよく見た顔だけに印象にあるけど、逮捕まで半世紀近くも費やすなんてとすら思いますね。

てか半世紀近くも逮捕出来なかったのか疑問、仮にその間に海外に逃亡していたとすればそれを幇助した人物がいるだろうし、当然そいつは共謀罪で逮捕されねばならない。
こういう極左集団が未だに蔓延っていると思うとゾッとするし、ヤクザや闇バイト集団、統一教会に匹敵するくらいの反社会勢力に他なりませんね。てか重信房子に関しては死刑にならなかったことだけが疑問。

極左集団と関わりもある政治家や財界人、マスコミ関係者などを洗いざらい調べてそいつを❝赤狩り❞よろしく公職から追放すべき。それには大賛成です。

Re: まだ極左殲滅は終わらない

桐島が所属していた「東アジア反日武装戦線」は日本連合赤軍、日赤の流れですから、最終的には重信房子に繋がります。重信に繋がっている著名人、ジャーナリスト、政治家は少なくありません。日頃からテレビに出ているニュースキャスターや大学教授、名の通った国会議員など花盛りです。彼らが支援していたとは言いませんが同志として心から支援していたと思います。桐島が入院していた鎌倉湘南総合病院も健康保険証も確認せずに治療、入院させていたのも解せません。社会で普通に生活している住民もにも、極左過激派の支援者がいるかもしれません。桐島は死にましたが、「死人に口なし」なのが残念です。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)