fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

れいわ山本太郎とその仲間たちは、被災者に寄り添いながら左翼思想を洗脳している。

 れいわ新選組の山本太郎代表は9日までに能登半島地震の被災地入りした「視察報告」をX(旧ツイッター)に投稿した。被災者について「控えめで自立心旺盛、我慢強い」と表現。「自宅全壊となった者でも、国のお金で自宅を再建してほしい、とは言わなかった。要望は『水』『食事』『トイレ』『お風呂』『電波』が最も多かった」、「陸路での輸送ルートは限定的。寸断されている道もある」と指摘。「半島の根っこ手前に関所(検問)を置き、交通をコントロールせよ」などと逆に提言した。また、在宅や車中の避難者のケアが必要だと強調。「全国の保健師を1人でも多く被災地に派遣し、在宅避難者や車中泊避難の状態把握が何より優先させなければならない」と訴えている。
 山本のX(旧ツイッター)による「視察報告」に真新しい情報、提言はない。書いていることは既に実行されていることだ。被災者が「国のお金で自宅を再建してほしい」と言わなかったことが山本は驚きのようだが、東日本大震災でも、熊本地震でも、阪神淡路地震でも、大規模な土石流災害でも、過去の災害で被災者が国のお金で自宅を再建してほしいと言ったという話は聞いたことがない。交通をコントロールせよいうが、道路の被災状況を把握した後、交通はコントロールされている。在宅や車中の避難者のケアが必要と言うがそれにも取り掛かっている。過去の数々の災害を教訓にして行政は災害対策を進化させてきた。山本が言うことは既に計画、実行されていることだ。
 日本の災害に対する行政対応は日々進化していると言っていい。世界の模範として認識されている。山本がわざわざかっこつけて現地に行って取材しなくても、その程度のことはすでに対策が打たれているのだ。それよりも災害を利用して、サヨクNPOと共同してれいわ新選組という政治団体をアピールしようという魂胆が見え見えだから却って嫌悪感が増す
 東日本大震災の時もそうだったが、被災者に寄り添うという形をとりながらNPO団体に同調させ、徐々に反自民、反保守の思想を洗脳していくのが山本太郎とその仲間たちのやり方なのだ。成田空港建設時の成田闘争と呼ばれた反対運動のころからこのやり方は変わっていない。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

コメント

被災者にまやかしを吹き込むな!!

おはようございます。

災害の被災者に自分たちの思想というか価値観を吹き込ませるサヨクのやり方は思想テロであり、日本征服を企てようとする許されない行為なのは一目瞭然だが、一般国民に自分たちの主義主張を押し付けるのはまやかしを吹き込むようなものです。国民に反日を押し付ける韓国や自分たちの偏った思想を押し付けていい気になる反捕鯨論者と同じでまともじゃないことは確か。やっぱ感情だけでしか物事を判断しない出来ない人間はまともじゃないってことです。

Re: 被災者にまやかしを吹き込むな!!

感情だけでしか物事を判断しない出来ない人間はまともじゃない・・・・・・そうです、だから水道橋もウーマン村本もラサール石井もまともじゃないですね。まともじゃない山本太郎に賛同するくらいだから彼らがまともじゃないことは当然です。山本以下信奉者は北朝鮮に移住してもらいましょう。金正恩にかわいがられると思いますよ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)