fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

中国人、日本企業でスパイ。 中国人にしたらスピード違反で切符切られたようなものだ。

 電子部品大手「アルプスアルパイン」(東京都大田区)の車載電装機器に関する営業秘密を不正に持ち出したとして、不正競争防止法違反(営業秘密領得)容疑で、中国籍の会社員、張天文容疑者(32)が逮捕された。逮捕容疑は、アルプスアルパインの宮城県内にある事業所に勤務していた平成29年4月~令和3年11月、同社のサーバーにアクセスして、車載電装機器に関する営業秘密のデータを不正に持ち出したとしている。
 また中国人のスパイか。今年6月15日には茨城県つくば市の「産業技術総合研究所」から、研究データを中国企業に漏洩したとして、中国籍の同研究所上級主任研究員、権恒道容疑者(59)が逮捕されている。
 逮捕された権容疑者がその後どうなったのかはわからないが、中国で逮捕された日中青年交流協会の鈴木氏のように懲役6年はまずあり得ない。もしかしたら警察に事情聴取されただけで帰国しているかもしれない。
 日本でスパイしても所詮この程度のことだが、中国ではスパイしていなくても当局の気分次第、さじ加減で逮捕され拘留される。この差は何なのか、これは相互主義なのか。日本も張天文容疑者の容疑にいろいろと難癖付けて拘留期間を延長し、警察が得意の自白を強要して、自白したらしたで逮捕して実刑に処したらいい。この段階で政府は張天文容疑者と中国のアステラス社員を交換するくらい、えげつない交渉が必要だ。
 国際政治では綺麗ごとでは負けてしまうのだ。日本政府には「いい意味の汚さ」が必要だ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 売国奴、工作員、スパイ、国賊 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)