fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

国民民主の前原、新党立ち上げ。 だけどどこか自信なさそうだね。

 国民民主の前原が離党して新党「教育無償化を実現する会」を立ち上げた。「非自民・非共産」を訴え政権交代を目指すとみられる。
 前原は9月に行われた国民民主代表選に出馬し、「政策本位の『非自民・非共産』の野党協力・結集を進めていく」と訴えていたが玉木に惨敗した。国民民主の中で浮いた存在になったことが離党・新党の立ち上げになったと考えられる。
 前原は民進党時代に小池百合子の希望の党と合流したが、この時もそう感じたし今回でも感じたことだが、前原は新党の合流、立ち上げにどこか不安を感じているように見える。それは自信の無さにも見える。記者会見時の表情からも見て取れる。本人にとってはすべてを投げ捨て、退路を断って決断したという物でもないのかもしれない。「もし、新党がだめならいち国会議員にもどりやり直そう」と思っているのではないか。そのような考えが表情に出ている。「この新党がダメなら議員を辞職する。政治の世界から足を洗う」と腹を括れないところが前原の弱さか
 そういう株(前原)には投資(支持)はできないな
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 私の見解 - ジャンル : 政治・経済

コメント

やってることは小沢一郎と同じ

おはようございます。

国民民主党を離党して新党を立ち上げた前原誠司氏、当初は玉木雄一郎代表と代表選を戦ってその後に「ノーサイド」とこれからは協調していこうと言いながら、突然離島を宣言して新党を作る。なんて結局自分と異なる考えや価値観を認めない単純思考丸出しもいいところです。

正直自分と考えや価値観が異なるから組織を辞めて自分で新たな組織を作って、自分と同じ者を募るというのは小沢一郎の手口で節操もないです。結局は周りを振り回している感じがする。

自分と異なる考えや価値観に理解を示さないのってサヨクのやり方だが、それと同じにも見えます。これでは周りから共感されません。

Re: やってることは小沢一郎と同じ

今晩は。
結局のところ前原は、国民民主にいたら党内からもンマスコミからも注目されない一介の議員になるのが耐えられなくて離党したのだと思います。旧民主党時代に注目されていたことが忘れられないのでしょう。
前原はどういう国体にしたいのか国家観が読めません。非自民非共産というが自民にも右から左までいる。非自民の「非」とは何に対しての「非」なのか。そこを明確に示してもらわないと前原が目指す政治の方向が見えてこないですね。また「非自民非共産」というなら国民民主、日本維新、参政、日本保守とどこが違うのか。離党するために「非自民非共産」という口実を取ってつけたような気がして、前原の政治家としての「軽さ」が見えたようです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)