fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

橋下徹は反イスラエル勢力のアジテーターか。

 22日の、フジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」で、イスラム組織ハマスとイスラエル軍の間で続く大規模戦闘をめぐり、橋下徹とジャーナリスト桜井よしこ、元外交官の宮家邦彦と議論をかわしていた。各氏の発言を以下に取り出す。
 橋下:  「法の支配は、もともとは『どっちもどっち論』。どっちも悪い部分があれば、どっちも同じように制裁を与えるというのが法の支配」「ハマスを壊滅状態にもっていくということがあれば、この(イスラエルの)入植行為もある意味、なしにするということを同じように国際社会がやらないと、法の支配というものは成り立たないと思う」
 キャスター(松山俊行):「今回の事態は、ハマスの急襲でたくさんの人質が取られ、ある意味テロ行為といわれても仕方がない。入植の問題とは切り離して考えるべきという専門家の意見もある」
 桜井:「今回の事件は、私もテロだと思っている。普通は戦闘行為の中で民間人が巻き込まれないよう気をつけるが、ハマスは最初から民間人を殺すことを根底に置き、イスラエルを刺激することを考えた。これは明確なテロだ。どっちもどっちという面もあると思うが、今回はハマスがテロを行ったことを起点に考えないと整理がつかないと思う」
 橋下:「ハマスはテロ組織で、国家ではない。イスラエルは国家の自衛権の行使と言っているが、ハマスは国家の自衛権の行使対象になりますか。相手方が国家の行為なら、国家の自衛権の行使としてその国の民間人にある程度の被害があってもやむなしという理屈は通るが、まだ国家ではないテロ組織に武力行為をする時に、パレスチナの人の命を奪っていいなんて理屈はまったくない。もし認めてしまえば、世界各国にいるテロ組織を壊滅するため、その国にどんどんミサイルを撃ち込んでいいのかということになる。国家の自衛権の行使は、国家か国家に準じる組織というのは明確になっている」
宮家:「必ずしも明確ではない。国家の自衛権は国家の主権行為の一部。相手が国家であろうが国家でなかろうが、国、国民を守る観点において、それを自衛権というふうに呼ぶのであれば、その中に警察行為や対テロ対策を含むというのは、当然と思う」
橋下:「宮家さん、それは違う。相手方が一組織に対して、空爆やミサイルを打っていいなんて国際法はない。テロ組織は壊滅してもいいが、組織を壊滅させるということで、そこにいる民間人には被害を出してはいけない」
桜井:「21世紀の今日、新しい闘い方が出てきている。ハマスはイスラエルの民間人を殺すことを作戦の軸にしていて、向こう側の陣営の基本政策の1つになっている。民間人の犠牲は最小にしなければいけないし、イスラエル政府もパレスチナ人を殺すということではないと思う。大前提として、向こう側は民間人を殺すことを前提としている。こちら側はなんとか避けようとしている。その間で、やむを得ずに、いろんな戦いが起きていく。その中で民間人の犠牲が出るということについては、本当に気の毒だと思いながらも、受け入れざるを得ない。これが今の現実」

 この討論を聴いていて、「橋下はまた言っているな」と思った。ウクライナ戦争の開戦当初のとき、国外に避難するウクライナ人が連日報道されているのを見て「国民の犠牲をこれ以上出さないためにウクライナは降伏すべき」と言っていた。橋下は事あるたびに国民の犠牲は避けるべきと発言して、国民思いの元政治家をアピールしているが、ワシには橋下がある思想主義のアジテーターに見える。もはやかつての保守のホープと騒がれた時の橋下とは違う。憲法改正、皇統、靖国問題に関する保守の主張とは明らかに違っている。最近では反アメリカ、親ロシア、親中国の主張が目立つ。
 上記のテレビ討論で橋下は、国家または準国家組織ではない武装組織に対しては自衛権の行使はできないという論を主張した。言い換えればテロ組織は民間人を人質に取って、そこからある国に武力攻撃しても、攻撃された国家は自衛権の行使という名目で反撃できない、するなと言っている。つまりテロ組織は人質をとって攻撃すれば自分らは攻撃されずにテロ実行出来ると言っているのだ。こういう主張をして一方では「国際法」を出して戦争反対、武力行使反対を言っている。結局のところ橋下は反イスラエル、ハマス支持と言っているに等しい。
 所詮橋下は反米、反自由主義陣営のアジテーターだったということ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 売国奴、工作員、スパイ、国賊 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)