1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅中国傀儡政権の憂鬱

中国漁船の領海侵犯事件で、那覇地検は中国人船長を釈放した。中国の圧力に屈して菅民主党政府が司法に介入し船長を釈放させたことは明らかだ。怒りを通り越して、脱力感、虚無感というかワシはこのブログも更新する気きもなくなっていた。菅、仙谷だから中国の言いなりだろうことは想像していたが、外相が前原だから彼が踏ん張ってがんばってくれるだろうという期待もあったがやっぱりダメだった。この件で政治的判断があり、司法を動かしたことは誰もが思っていることだ。このことはこれから政治、法曹、マスコミの世界で追及してもらいたい。
今回のことで判ったことは、中国は要求を通すためには冤罪の罪人でもつくって報復する。それを外交交渉の取引材料にする国だ。そこに共産党一党独裁体制を垣間見ることができる。これから、中国と紛争が起きたらさっさと日本に帰国するか、ホテルに閉じこもってじっとしているかしなければならない。そういう国がすぐ隣にあり、経済面でいやがうえにも付き合っていかなければならないという現実を如実に示してくれた。中国への観光、企業進出で日本人の浮かれた気持ちを覚ますにはいい教訓になったと思う。もう一点気になったことは、検察が起訴、不起訴を判断するのに外交関係を考慮するということだ。これには驚いた。検察はいつから起訴、不起訴を決めるのに政治判断をするようになったのか。那覇地検の次席検事がいくら日中関係を考慮してと言おうが、菅政権が検察に圧力をかけて船長を釈放させたことはバカでもわかる。これが前例になれば、これから国内法に則り裁くという以前に、いつでも政治的配慮が優先され、司法の独立、三権分立の思想が根底から崩れる。いまの検察をみたら、検察のシナリオどおり起訴するためには、国民を冤罪に陥れることも可とするという組織だ。だから検察が法の番人などは思ってもいないし、ヤツらにしてもそんなことは思っていないだろう。むしろ、検察が法だと思っているかもしれない。そのように考えると、検察が日中関係を考慮して犯罪者を釈放しても別に驚くことではないとも言える。これからも政治判断して起訴、不起訴を決めてくれ。菅政権には尖閣の問題だけでなく、普天間問題もある。この普天間基地移設問題では反対住民なんか無視して、辺野古沖をどんどん埋め立てたらいい。少々の暴力を行使してでも、反対派住民を強制的に排除してもいい。警察沙汰になっても検察が起訴、不起訴を決定するのに日米関係を考慮するから、おそらく不問になる。だからこれからは、外交関係の濃淡で刑の軽重が決まるということだ。中国人船長の釈放事件はこういうことを意味しているということを、国民は真剣に考えなければならない。
これでいいのか、日本! しっかりしろ、日本!
スポンサーサイト

テーマ : 尖閣諸島問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

偉そうなことを言う前に

まず日本語の使い方を学んでから偉そうなことを言えよ。自称コメンテーターさんよ。ここの記事の単語全部をひっくり返して意味をひとつひとつ調べろ!日本語もきちんと使えない在日さんよ

Re: 偉そうなことを言う前に

意味わかんねー。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。