1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかしい民主党代表選

14日の民主党代表選挙まであと2日。菅が選ばれようが、小沢になろうが、日本弱体化論者には変わりはない。弱体化というより日本を中国の華夷秩序に組み入れようという発想だ。アメリカの傘から出て、中国の傘に入るということだ。西暦607年、聖徳太子が時の隋の煬帝に華夷秩序からの脱却を宣言して1403年、ここにきてまた朝貢が始まろうとしている。遣隋使、遣唐使、今度は遣中国使だ。「日本の形」が変わろうとしている。それは伝統、文化、思想すべてにわたっている。このことを国民はもっと敏感に感じなければならない。国民生活のほとんどの場面を中国的発想が支配する勢いだ。だが、それは中国の政治力、経済力の向上だけがもたらすことではない。いま佳境の民主党代表選挙。政権与党の代表を決めると言うことは、一国の総理大臣を決めることだ。この代表選に民主党の党員、サポーターが1票を行使できる。そして、その党員、サポーターは年会費を払って党員、サポーター資格を取得すれば在日外国人でもOKというのだ。つまり日本国籍を持たない在日外国人が日本の総理大臣を選ぶことができるというものだ。いま日本に住んでいる中国、韓国人が全員、民主党の党員、サポーターになったら、靖国神社解体、外国人参政権なんか近いうちに実現できるだろう。民団なんか外国人参政権付与で小沢などにこそこそと接触しないで、堂々と全員が民主党の党員、サポーターになればいいのだ。何なら在日の中国人ともタッグを組み、何十万、何百万と言う人間が民主党党員、サポーターになって日本の政治をコントロールする。ワシならそれくらいのこと考えるんじゃがのー。こういう憲法違反明白な事実を国民に知らせずに、代表選の上っ面だけ連日、連夜報道して、国民の関心がそちらに向かわないように情報操作している。マスコミはここでも民主党の宣伝機関になり切っている。自民党もなぜか、そのことを公に追及、批判しない。憲法にのっとり国の政治を司る総理大臣を選ぶのに、憲法に違反して総理大臣を選ぼうとしている。また護憲を叫ぶ民主党が、憲法に違反して党首を選ぼうとしている。こんな矛盾が許されるのか。なぜマスコミは黙っているのか。国民は声をあげろ!!
これでいいのか、日本!!
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。