fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

火種を残したままの日韓関係修復。

 徴用工問題で戦後最悪と言われてきた日韓関係が修復される。解決に向けたシャトル外交も展開されるという。しかし、今の解決に向けた協議には、「求償権」の放棄自衛隊機へのレーザー照射に対する韓国の謝罪は盛り込まれていない。
 前者は韓国財団が賠償金の支払いを「肩代わり」するが、それが完了したら日本の被告企業に賠償金の支払いを求めることがないように、韓国に「求償権」の放棄を明確な形で確約させる必要があったが、そういう事態を想定していないという理由で不問にされている。またレーザー照射問題について尹大統領は、韓国政府がこれまで照射の事実そのものを認めてこなかったものを「互いの信頼関係問題で発生」したとして照射の事実を否定しなかった。しかし、この問題も「これから信頼関係が生まれていけば、互いの主張をかみ合わせていける」と期待論を述べただけで先送りされている
 このように徴用工問題の解決には核心部が棚上げされておりいつ再燃してもおかしくない火種を残している。この火種が消えるのか、大きくなって燃えるのか。その結果を見るのには、そんな長い時間はかからないと思う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 無法国家-韓国 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)