fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

サヨクの皆さん、フランスで国防意識高揚の「国民奉仕」合宿がありましたよ。日本でもする?

 産経新聞ニュースより引用。
 ロシアのウクライナ侵略が続く中、フランスで6、7月、高校生を対象とした「国民奉仕」合宿が全国で行われた。テロやサイバー攻撃など、国が直面するさまざまな危機に対し、国民の結束感を高め、国防への参加意識を高める狙いがある。 (以上)
 いいニュースだね。「自由」・「平等」・「博愛」を希求するフランスで、「国民奉仕」という名の国防訓練。戦前の日本じゃないかと間違えるところだった。
 日本のように戦争反対、軍備反対、平和を叫んでいれば平和になるという発想など微塵もないということだ。また、日本のように「国民奉仕」に、戦争準備だ、国民総動員反対、思想信条の自由に反するなどの反対運動が出ないこともすばらしい。まして学校の先生が反対していないことがすばらしいですな
 日教組の先生には、フランスの公立高校に視察・体験入校してもらって、平和を守り維持することがどんなことかを学んで来てらいたいね。それが終わったら次はウクライナだ。市民がどんな気持ちで戦っているのかを直に肌で感じてもらいたいね。
 おそらく誰もフランスやウクライナに行きたいという教員はいないと思うがね。日教組流平和論など全く通じないことは分かっているし、行く勇気など持ち合わせていないよね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

コメント

特アしか知らない日教組には無理

こんにちは。

フランスのこの教育方針、日本は少なからず見習うべきところだけど、日本の教育界は悪名高き日教組の影響力のせいでそうならないんだよねェ・・・。

国民奉仕という名の国防訓練、ティーンエージャーに愛国心というか国防意識を高める為の教育は素晴らしいし、自国を守ることは正しいという意識をティーンエージャーのうちに根付かせることは有意義なことです。
ただ日本でそれをやろうとするとすぐに「戦争になる」ってヒスを起こして騒ぐサヨクがいるもんだから、こいつらは口先だけかつキレイごとな平和論しかないんだなと吐き捨てたくもなる。

それと日教組が特別視する国は特ア(中国・韓国)、フランスなんて関心がないから、どうでもいいものと見てるんでしょう。視野が狭いの塊だ。
日本の教育者はフランスにでも行って平和を守り維持することが正しいことかを学ぶべきだが、いっそスイスでもいいわ。永世中立国であれども国民の国防意識は誰よりも高いからね。

フランスもだけど、スイスにもあまり関心がない日本、アメリカしか見ていない保守派もそうだが、特アしか見ていないサヨクはもっと問題だ。特アしか知らない日教組は日韓議員連盟同様ぶっ壊さなければなりません。

Re: 特アしか知らない日教組には無理

そのとおりです。日教組の連中は、本心では自衛のための戦争はみとめているのです。ただそれが資本主義・自由主義体制を守るための戦争は認めないというスタンスです。つまり、彼らが望むのは北朝鮮や中国の共産主義または社会主義独裁体制のための戦争だったら反対しないのです。現にロシアがウクライナに武力侵攻しても、北朝鮮がミサイル発射を覇者しても、中国が尖閣や台湾に軍事的圧力をかけても彼らは批判しません。そういう体制社会を望んでいるのが日教組です。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)