fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

日本が抗議すればするほど、北朝鮮のミサイルは飛んでくる。

 北朝鮮が12日、7日に続きまたも弾道ミサイル3発を発射した。
 北朝鮮は18時28分頃、北朝鮮の西岸付近から3発の弾道ミサイルを東方向に向けて発射した。日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したと推定される。岸防衛相は「許されることではない」として、北朝鮮に抗議を行ったことを明らかにした。
 ワシは7日にこのブログで、北朝鮮のミサイル発射に対し「断じて容認できない」という声明は止めてもらいたいと書いた。過去何回も「遺憾である」、「極めて遺憾である」、「断じて容認できない」と言ってきたが、北朝鮮がミサイル発射を中断することはなかった。それどころか、今年に入ってミサイル発射が急増している。これら遺憾の言葉は日常過ぎて、国民は何の感想も持たず、気にも留めなくなっている。言葉の意味が軽んじられるから、これらの言葉を使わないでほしいと書いた
 そして、今日の北朝鮮のミサイル発射。岸防衛相は「許されることではない」と抗議した。ワシのブログを読んで表現を変えたのかどうかは分からないが、「許されることではない」、つまり「許さない」」というのなら、日本政府として北朝鮮にどんなお仕置きをするのかな。お仕置きするつもりもなくて、ただ言っただけなのか。これも「遺憾である」シリーズと同じように、単なる言葉遊びになりそうな感じがする
 北が今度ミサイルを発射したら、「断じて許されるものではない」という言葉が原稿に書いてあるかもしれない。結局、北が本当に核弾頭付の大陸間弾道弾を実現化するまでは言葉遊びが続くと思われる。そして、北の核が現実の脅威になったときには、日本はどんな妥協をするつもりなのだろうか
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)