fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

強制わいせつ罪で起訴・逮捕4回。これでも教壇に立てる東京都。この男性教諭は日教組の活動家か。

 東京都板橋区の小学校で教え子の10代女児3人にわいせつ行為をしたとして、警視庁捜査1課は、強制わいせつ容疑で、板橋区立小学校教諭の高橋慶行被告(29)=別の強制わいせつ罪などで起訴=を再逮捕した。高橋容疑者の逮捕は4回目。調べに対し、「弁護士と相談するまで黙秘します」と供述している。
 再逮捕容疑は、令和元年10月~2年10月ごろまでの間、教え子の女児3人に対し、別々に休憩時間や昼休みに、教室で胸を触るなどのわいせつ行為をしたとしている。
捜査1課によると、高橋容疑者は、自身が受け持つ算数の科目で使っていた教室で遊んでいた女児らに対し、偶然を装って胸を触るなどしていたという。昨年10月に別の教え子の10代女児に対する強制わいせつ事件で、他にも被害を受けた女児が複数いることが発覚した。
 この教諭、過去に3回、強制わいせつ罪などで起訴、逮捕されていたにもかかわらず、免職にもならず、教壇にたっていたという事実の方が驚きだ。
 逮捕された高橋容疑者は調べに対し、「弁護士と相談するまで黙秘します」と供述しているが、こういう言い方をするのは過激派(中核派、革マル派、社青同など)の連中に多い。こいつもおそらく過激派系の日教組活動家だろう。
 学校では国旗、君が代を否定し、職員室では校長、教頭を極めて汚い言葉で罵り、指示を無視し、やりたい放題だったのかもしれない。思い起こせば、神戸市立東須磨小学校でおきた教員間いじめ事件で、懲戒免職された男性教員と同じタイプの人間ではないかと思う。
 今回の事件でつくづく思うのは、強制わいせつ罪などで起訴、逮捕されても3回まではクビになることもなく、教壇に立てる東京都の教職員って恵まれすぎじゃねーの。それも税金から給与が支給されるんだから特別待遇だね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : これでいいのか 日本の教育 - ジャンル : 政治・経済

コメント

考えられない!!

おはようございます。

強制わいせつ罪で4回も逮捕・起訴されたこの教員だが、4回もそれで逮捕されているのに教員になっているのって考えられないし、そもそも教育者として以前に大人として失格も失格です。親にしてみればこんな人間が教師を務めているような学校に子供をやれないでしょう。いつ自分の子供が被害に遭うかと思うと。

大体子供に対する悪質な犯罪をやらかしといて、教員免許を剥奪及び再取得すら認めないという❝厳罰❞が下らないのは疑問だ。私は何回も思ってるけど、子供に対する悪質な犯罪には厳罰を持って処すべきなのです。

これがアメリカだったら懲役何百年の実刑判決になるだろうし、仮釈放も認めないという❝追加制裁❞付きだけど(アメリカではまた性犯罪者に対しては電子監視や個人情報がネットで公開されるという❝見返り❞もある)、子供の権利をえらく侵害した者には相当な罰を与えるのが当然といえるし、日本もアメリカのこういうところを見習ったほうがいいとも思います。

こういう人間が教師になれるような社会では社会がダメになる一方です。文部科学省!! 児童生徒に対するわいせつ行為をやらかした教員には一発で免許剥奪の上再取得も認めない、即ち教育界から「永久追放」という一生の罰を与えるよう改正すべきです。

Re: 考えられない!!

こんばんは。
ご意見、その通りだと思います。しかし、このことを報じないマスコミも問題と思います。これが保守系の教員だったら、いまや人間失格と言わんばかりに批判し、犯罪行為とは間のない、本人の政治思想にまで論評を加え、さも保守思想や保守活動に問題ありかのように批判していたことでしょう。今回の事件では、マスコミは逮捕されたという事実を伝えるのみで、論評もなし。過去3回も起訴・逮捕されているにもかかわらずです。ということは、マスコミでも批判しづらい相手だったということです。つまり、マスコミと同じ政治志向を持つ教員だということになります。つまりサヨク=日教組の活動家ということです。この男が怖いから、都教委も厳しい処分が下せなかったのでしょう。日教組の役員として激しく活動し、都教委と対峙しているこの逮捕された男を、日教組の組合員が側面から支援し、都教委に圧力をかけていたと見ています。「逮捕された高橋慶行に厳しい処分を科すなら、組合としてこれから都教委の方針に協力できない」くらいのことは言ったに違いありません。組合の組合員保護の常套手段です。これがかつて聖職者といわれた教員の現状です。聖職者が性触者に変質しましたね。世間知らずで幼稚なガキ教員を生む、教員採用の在りかたを変えなければなりません。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)