1. 無料アクセス解析

訓練移設先、「徳之島」明記?

 鳩山首相は27日、全国知事会議に出席し普天間飛行場移設問題に関連し、訓練の県外移転受け入れを要請した。また、28日に発表予定の日米共同声明に、訓練移転先として「徳之島」が明記されることを明言し、理解を求めた。
 沖縄の負担を軽減するために、他県でも応分の負担はしなければならないだろうが、どのような訓練なのか、その訓練を移転することにアメリカは同意するのか、などさっぱりわからない状態で、全国の知事たちに受け入れお願いしますと言ったところで、だれが、「はい、わかりました。」なんか言うものか。鳩山の鳩ポッポちゃんは、物事の道理というものがまったく判っていないようだ。恵まれた家庭に育ったから、世間の常識などと縁遠いところで成長なさったんだなーと思う。この問題についても、物事の進め方すべてが間違っている。それが交渉を困難にした原因だ。訓練の県外移転を全国知事会に要請したが、28日の日米共同声明には訓練の移転先として「徳之島」を明記するという。ならば、全国知事会議の場ではなく、まず鹿児島県知事に会って要請をすべきだ。鳩山が全国知事会議での要請にこだわったのには訳がある。本来ならば、訓練の内容を明らかにし、それができる他県の基地をいくつか抽出して、該当する県知事に要請すれば済むことだ。ところが、これで地域を指定すると地元から大反対が出ることは明らかで、またそこで鳩山が非難の的になる。これがいやだから、全国知事会議に丸投げし、「沖縄の負担の軽減です。みなさんで決めてください。」といって、責任を他に押しつけ、批判の先をかわそうという魂胆だ。「これは、全国民が考えなければならない問題です。だから私は、全国知事会議の場で要請しました。全国の知事さんたちがお決めになったことですから、私はそれを尊重します。」という言いわけが今にも聞こえてきそうだ。しかし、全国の知事さんたちは、鳩山ほどバカではない。だれが安請け合いするか。普天間飛行場移設という日米同盟の象徴問題は、我が国の安全保障の問題であり、国防問題だ。その最高責任者が決断を回避して、地方の首長会議に判断させるとは、一体何を考えているんだ!
これが国防の最高責任者なのか!世界の笑いものだ。ぼっちゃん育ちの鳩山は、汚れることが嫌いなのだ。だから汚れ役ができないし、しない。見た目はきれいにしているけれど、鳩山が汚れることを回避すればするほど、世間からは、また世界からは「ルーピー(loopy)」と笑われていることに気付かなければいけない。こういう人間を日本国の首相にしておくことにもう耐えられない。国民みんなで「レッドカード」を出そう!
しっかりしろ、日本国民!
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)