fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

外国人の入国制限方針転換。岸田首相、この変わり身の早さは評価するよ。

 岸田首相は29日午後、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の世界的な感染急拡大を踏まえ、外国人の新規入国を一時的に原則停止する方針を表明した。現在、入国規制を強めている南アフリカなど9カ国に加え、感染が確認された14カ国・地域から帰国する日本人にもリスクに応じて厳格な隔離措置を実施すると説明した。いずれも30日午前0時から適用する。
 政府は11月8日から外国人のビジネス関係者や留学生、技能実習生らに対する入国制限を大幅に緩和する一方、26日からは水際対策で設けていた1日当たりの入国者数の制限を3500人から5千人に引き上げていた。
 この方針転換は評価する。正直言って、政府が外国人の入国制限を緩和したこと自体に、国民は大きな不満と不安を持っていた。コロナが完全に収束したわけでもないのに、「外国人の入国制限を緩和」を聞いたとき、「政府は何を考えているんだ!」と怒りを覚えた国民も多かったろうと思う。「オミクロン株」による感染拡大の悪夢が頭をよぎった。
 しかし、「オミクロン株」の世界的な感染急拡大が、ある意味日本に「恵みの雨」だったかもしれない。緊急事態宣言の解除で、国民の気の緩みは確かに感じられた。夜の飲食街、休日の行楽地、繁華街に人出が戻ってきた矢先だった。観光および飲食業界には気の毒としか言いようがないが、当面は日本国内の人間だけでコロナ禍の休息を楽しませていただく。
 水際の鍵はしっかりと施錠してくださいな、日本政府よ。それにしても、外国人の入国制限の方針転換を評価すると言ったが、当たり前といえば当たり前。評価されるべき問題ではない。しかし、当たり前のことをしっかりとやったことに対して「おりこうちゃん」してあげよう。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 新型コロナウイルス - ジャンル : 政治・経済

コメント

先んじて行動

おはようございます。

COVID-19の変異種・オミクロン株の猛威を受け、岸田総理は全世界からの外国人の新規入国禁止という措置を取ったわけだが、後手に回って批判を浴びた前任・前前任との違いを強調する為にやったとしか言えませんが、オミクロン株が見つかった国はイザ知らず全部の国を対象に「新規入国禁止」という措置はこれまでの水際対策とは違うってことだけど、先んじて行動に移したことはいいことではないでしょうか。

最悪の事態を想定して先んじて行動に打って出る。これもリーダーに必要不可欠な要素かも知れないし、当たり前のこととも思います。

この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますのでよろしければ見に来て下さいませ。→ http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-8812.html

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)