1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄県議の訓練受入れ要請、それはちょっと筋が違うんじゃないの?

報道によると、米軍普天間飛行場移設問題で、沖縄県の県議や市議ら8人が17日、鹿児島県徳之島町を訪ね、同町役場で高岡秀規町長に飛行場機能の一部受け入れを求めた。町長は拒否した。徳之島3町のうち、伊仙、天城両町長は面会に応じなかった。沖縄の県議がどういう立場で、徳之島町長に基地機能の一部受け入れを要請したかわからないが、この問題の性質から言って、ちょっとスジが違うんじゃないのと言いたい。沖縄県議たちは、沖縄県民が負担を強いられている米軍基地の危険性、騒音問題、治安問題などを、全国民レベルの問題として捉え、国民にも応分の負担をしてもらいたいとの思いで、一つの候補地、徳之島町に要請をしたのだろう。その思いに同情するし、いち国民として責任も痛感する。しかし、これは日米同盟、安全保障、国防の問題である。国家の根幹に関わる、政府の専任事項である。しかも、この問題は自民党政権時には、日米で合意し、沖縄県知事が合意し、地元の名護市でも移設受け入れ派市長が市民の信任を得ていた事案である。それを鳩山のバカポッポが、すべてを無に帰し、寝た子を起こして、大騒ぎを起こした結果の現状なのだ。だから、この問題は鳩山政府の責任で解決しなければならない問題だ。個人の草の根レベルでいくら鳩山を応援しようが構わないが、私団体が、当該地の町長に要請するような次元の問題ではない。徳之島町長は、沖縄県民の気持ちが判るがゆえに、県議たちに会って話くらいはを聞こうと思ったのかもしれない。話を聞いた以上、町長としての立場で感想を言わなければならないが、当然受け入れ反対、断固反対に決まっている。最初から答えは決まっているのだから、冷たいと思われようが、他の2町長のように会うべきではなかったのだ。それが、首長としてのスタンスだったのではなかろうか。沖縄県議たちも、町長の立場は理解できるはずである。なにか、沖縄県民向けのパフォーマンスを演じたように感じられるのはワシだけじゃろか。彼らは、そんな稚拙な演出をせずに、きっぱりと鳩山、民主党に向けて、県外移設の公約を守れと叫ぶべきである。自民党政権時には、東京まで出て来て、国会議事堂の前でシュプレヒコールを上げていたではないか。この件では、なぜ東京で抗議の大集会をしないのか。民主党本部の前で、「公約守れ!」「うそつき鳩山!」「詐欺師、鳩山は議員辞職せよ!」と拳を振り上げよ。それが、鳩山を総理大臣にした沖縄県民の、責任の取り方だ。きついかもしれないが、それが大かたの大和んちゅうの気持ちではなかろうか。
しっかりしろ、日本国民! がんばれ、沖縄!

 
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。